忍者ブログ


前年比で赤字幅を圧縮も、WiiUが4-6月期で世界販売16万台と低迷

平成26年3月期 第1四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
任天堂株式会社
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120130717093051.pdf

▲売上高が前年比で約33億円(3.8%)減の815億円
 営業損益が△49億円だが前年の103億円の赤字から改善
 経常は為替差益が169億円の効果もあり148億円の黒字


「トモコレ」が3ヶ月で139万本のヒット、「とび森」は世界で154万本。
WiiUは全体でハードが16万台、ソフトが103万本
1.当四半期決算に関する定性的情報
(1)連結経営成績に関する説明
当第1四半期(平成25年4月~6月)の状況は、ニンテンドー3DS(3DS LL/3DS)では、国内において、『トモダチコレクション 新生活』を4月に発売し、139万本の販売となりました。また、前期に国内で300万本を超える大ヒットとなった『とびだせ どうぶつの森』を6月に欧米で発売し、海外で119万本、全世界で154万本を販売しました。さらに、3月に発売した『ルイージマンション2』が当期に全世界で143万本の販売となったほか、『ドンキーコング リターンズ 3D』を全世界で発売し、好評を博しています。前期から好調な国内市場に加え、欧米市場でも有力タイトルを連続して発売したことでプラットフォームが勢いを得つつあり、販売数量は、ハードウェアが140万台、ソフトウェアが1,101万本となりました。


Wii Uでは、昨年ハードと同時発売した『New スーパーマリオブラザーズ U』の追加コンテンツ『Newスーパールイージ U』の販売を開始したほか、3月に国内で発売した『ゲーム&ワリオ』を海外でも発売しましたが、当期においてハードウェアの売上を強く牽引するような自社の有力タイトルを新たに発売できなかったため、ハードウェアの販売台数は16万台、ソフトウェアの販売本数は103万本となりました。
昨年度は211億円の為替差損が計上されていて、今年度は169億円の差益と円相場に振り回されている印象。
大企業の事務屋は命がけだ。


損益をもうちょっと詳しく見ると、WiiUの登場にも関わらず売上高は減少と厳しい状況と、売上高に比較して売上原価を大きく抑えている努力の影も。
売上が33億減に対して売上原価が148億の減。

販管費は61億円の増。
これは新型機であるWiiUの管理やプロモーションなどに有る程度かかる必要な経費なのかな。


上=昨年度 下=今年度

売上高
84,813
81,548

売上原価
59,937
45,144

販売費及び一般管理費
35,208
41,329

為替差益

16,934

為替差損
21,105



なんだか印象としてはWiiの失速が見え始めた2009年の後半くらいから下向きのトレンドが変わっていない感じがする。
実際ゲーマー的には任天堂冬の時代だった64/GC時代にも営業利益1000億円は達成していて、コスト削減では乗り越えられない時代の変化が起こっているのか。

コーエーテクモは継続して黒字だしゲームそのものが終っているわけでも無さそうだが。


それにしてもWiiUの販売の欧州が3ヶ月で1万台以下というのはヤバイ。
小売の文句が海外メディアのニュースになる訳だ。

ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
WiiUが3ヶ月で16万台の売上げで
目標が900万台

年度内に任天堂ソフトをどれだけ出せて、どれだけマシになるのか
逆に興味が湧いてくる
NONAME| | 2013/07/31(Wed)17:27:20| 編集
無題
こっからの巻き返しが想像つかない。
それこそ夢物語が現実にならないとな。
NONAME| | 2013/08/01(Thu)19:09:23| 編集
無題
Q1 16万台
Q2 40万台
Q3 400万台
Q4 150万台

合計 606万台と予想
NONAME| | 2013/08/05(Mon)22:54:26| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]