忍者ブログ


小売価格がPS4/XB1版より10ドル高い39.99ドルのSwitch版「RiME」について、販売元のGray Boxが声明を発表。

同社は公平ではない価格への批判が上がっていることに理解を示し、以下の対応をするとした。

・DL版は他社と同様の29.99ドルで販売
・パッケージ版は価格は従来通りで10ドル相当のサントラDLコードを付属させる


カートリッジの製造委託費がディスクのプレス代より高いとされるSwitch。
今後もこうしたマルチタイトルでの価格差が出てしまうのでしょうか。



RiME PlayStation 4 ライム プレイステーション4北米英語版 [並行輸入品]
Grey Box
2017-05-29

amazon


関連記事
ゲームソフトのロイヤリティをまとめ 任天堂、SCEの取り分は?
発売迫る「RiME」(PS4/XB1/Switch)開発映像 世界に息づく不思議な住人と謎解き
PS4「RiME」は依然開発中、Grey Boxと提携し2017年初頭に続報、17年後半に発売
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
・DL版は他社と同様の29.99ドルで販売
やっぱROMの製造費用の問題なのかな

2008年ぐらいにBDがDVD以下のプレス費用にまでコスト削減されてた時代でも
Wiのディスクのプレス代は高かったらしいし
未だにそういう状況が改善されないなら
DL販売に移行した方が任天堂にとっても良いと思うんだけど
それはそれで容量の問題が付きまとうのが辛いですね
NONAME| | 2017/05/11(Thu)11:36:40| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]