忍者ブログ


steamのValveが設計、台湾HTCが製造するVRヘッドセット「HTC Vive」の詳細が発表。
価格:799ドル
発売日:4月初旬発送
予約日程:東部時間2月29日午前10時(日本時間3月1日午前0時)
※発売国に日本もあり

商品内容
・Vive本体
・SteamVR コントローラー×2個
・トラッキング用センサー×2個
・同梱ソフト「Job Simulator: The 2050 Archives」「Fantastic Contraption」




同梱ソフト
Job Simulator


Fantastic Contraption


http://blog.htcvive.com/2016/02/unveiling-the-vive-consumer-edition-and-pre-order-information/
http://www.htcvive.com/jp/

http://getnews.jp/archives/1407890



Oculus RiftやPS4のPSVRと共に2016年のVRブームを牽引すると期待されるVRトリオの一角「HTC Vive」がついに詳細発表。
steamマシンと併売することで安定した運用が可能になり、フロントにカメラを備えるなど独自の設計、2台のセンサー設置で5×5mの範囲を動き回れるなどが特徴。

またコントローラーを標準で同梱と言えどもOculus Riftの599ドルを200ドル上回る799ドル(約9万円)と攻めた価格がユーザーにどのように受け止められるのか注目です。


関連記事
「オキュラスリフト」(600ドル/9.5万円)の高い価格設定に賛否両論 
VRヘッドセット「オキュラスリフト」の予約が開始、価格は599ドル
調査会社「PSVR想定価格は400~600ドル、2016年内に190万台普及を見込む」
SCE吉田氏、PSVRの価格について「(他社製品より)比較的安価」
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
steamマシン自体も高いからなぁ・・・
NONAME| | 2016/02/22(Mon)11:01:14| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]