忍者ブログ


昨日発表された「L.A. Noire」(PS4/XB1/Sitch 12月予定)の価格について、
Switch版は50ドルと他の機種より10ドル高いことが判明。

なぜスイッチ版が高くなってしまったのか。
おなじみ@ZhugeEX氏がこの理由を解説しています。


「32GBのカードは途方もなく高い」 「50GBのブルーレイのコストより60%多くなってしまう」
「同じ値段にするためには安価な8GBカード内に収める容量にしなければならない」



製造委託費の増加額をユーザーに転嫁する場合は値段が変わってしまう事もある模様。
スイッチパッケージ版がPS4/XB1版よりも高価になるケースは稀ではありますが、「RiME」の時も話題になりました。


関連記事
他ハードより10ドル高いSwitch版「RiME」について販売会社が声明「特典を追加します」
「RiME」開発、「スイッチ版の開発は最も難しいバージョン」「ボタン一つで移植とはいかない」
ゲームソフトのロイヤリティをまとめ 任天堂、SCEの取り分は?
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
今のROMって読み込みが特別早いわけでもないし
デメリットの方がデカいな
NONAME| | 2017/09/08(Fri)10:33:22| 編集
無題
ディスクでも全部インストールしちゃってるもんね
NONAME| | 2017/09/08(Fri)11:14:10| 編集
無題
Blu-rayディスクからHDDにインストールみたいなことは出来ないから
メディアのコストの問題は携帯機である以上どうにもならないね
NONAME| | 2017/09/08(Fri)11:37:17| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]