忍者ブログ


ゲームファンの間でたびたび議題に挙がる「おま国」「おま語」問題。
「ウィッチャー3」の素晴らしいローカライズからCDPRに移籍した本間覚氏が説明。


やはり問題はコスト 中でも音声権利が高い

フォントも字数の問題から高め

日本語音声のみの場合は海外の需要



ちなみに2015年に日本ファルコムが同じような問い合わせに回答しています



日本のタイトルが遊べない事態は非常に残念ですが国内での市場を盛り上げていくしかなさそう。

ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
ソニーのローカライズサポートみたいな話も
Steamじゃ聞かないな
インディーズサポートのPlayismぐらい?
NONAME| | 2017/06/29(Thu)09:07:30| 編集
無題
日本国内のSteamユーザーが少ないから
日本語音声を入れても儲からないんやろうなぁ
NONAME| | 2017/06/30(Fri)01:57:34| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]