忍者ブログ
黒田硫黄 男と女

黒田硫黄の最近作「男と女」 感想


最新作ではなく最近作と書いたのは、発表からすでに1年近く経っているため。
その後発表が無い黒田硫黄先生の応援もかねてレビュー。

女の子が降ってきた!
この作品は古本屋での事故をきっかけに出会った男女が障害を乗り越えて関係を深めていく物語である。スジだけなぞればたいした内容には思えない物語が作者の手によって優れたエンターテインメントになっているのが不思議だ。突然恋は降ってくる。

落ちる女  この本屋のモデルは小田ひで次
降ってきた女 志村うしろ!

男と女 ザイルド7
落ちる理由になった劇中マンガ「ザイルド7」

こころの物語
ネタバレになるので詳細は避けるが、男にはある秘密があってそのせいで世界は危機に見舞われるのだが、女にとって世界の危機なんて始まったばかりの恋の前では対岸の火事に過ぎないのだ。
付き合い始めたばかりの恋人への不安感と高揚感の混ざったなんともいえない心情が主人公を通して降りてくる。

マンガ表現と隠喩がふんだんに含まれていて面白い。


月刊アフタヌーン 2011年3月号 48P 読切
関連記事 [黒田硫黄 大王]
短編が待てない方は既刊号を探してみてください。
月刊アフタヌーン 2011年3月号
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]