忍者ブログ


『ドラクエ30年、ポケモン20年…覇者たちの「ゲーム戦国史」』と題してゲームの歴史を日経新聞が戦国史風にざっとまとめています。


以下概要

・ドラクエが30周年、ポケモンとバイオが20周年と2016年はゲーム界の記念すべき年

・長らく勝ち抜いてきた企業には理由がある
カドカワ浜村氏は生存の要因を述べる
「コンテンツの世界観と資金力。これに尽きる」
・例えばドラクエは堀井氏らが1作目から携わり世界観が保たれている
・コエテクの「三國志」「信長の野望」も襟川社長が初作から生み出しブレがない

・しかしゲーム機の進化と共に開発費は高騰、数十億円はざらで100億円近くかかる場合も

・大型ソフトを継続するための拡大も必要で、コエテクHDは上場で120億円を調達、テクモ統合などで版図を築いてきた
・スクエニもSCEからの150億円出資やスクとエニ合併など、業界は戦国時代さながら合従連衡を繰り返してきた

・こうした巨艦ソフト時代にも転機が到来、スマホが安価な開発費と共に市場を広げた

・さらに時代は進みスマホ時代でも旧来の大手が伸長、時価総額でスクエニがコロプラを再逆転、コエテクもグリーを抜き逆襲が進行中
株式市場でも「スマホゲームは飽和状態で、投資しにくい銘柄が多い」(DIAMアセットマネジメントの武内邦信上席ポートフォリオマネジャー)

・2016年はVR元年として各社が注力、技術革新で再び乱世の機運
コエテク襟川社長はVRに前向き
「没入感がすごい。試してみましたか」。コーテクHDのシブサワ氏らは話がバーチャルリアリティー(仮想現実、VR)に及ぶと身を乗り出す勢いで魅力を語り始めた。


http://www.nikkei.com/markets/features/54.aspx?g=DGXMZO9793332002032016000000


時価総額の伸び率での比較は実態とも異なる面もありますが、旧来からの和ゲーにも復調の兆しなのか次世代機で開発が活発化している印象。
今年はVRの登場もあり、賛否を含めて大きな影響を及ぼすのは間違いないでしょう。

任天堂のNX投入も近く今年は変化の年になりそう。
ネタが尽きない瞬間だけにもとにしさんの復帰も熱望。


ワイヤレスサラウンドヘッドセット
ソニー・コンピュータエンタテインメント
プラットフォーム : PlayStation 4
2015-12-03

amazon

ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
もとにしさん活動停止してたのか
NONAME| | 2016/03/05(Sat)12:27:51| 編集
Re:無題
>もとにしさん活動停止してたのか

あのブログはアンチャコレクションから半年近く更新してないですね
活動は朝日新聞などのお仕事をしているようです
【2016/03/05 12:46】
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]