忍者ブログ
 
かなり多岐に渡っての分析

数日前に話題になったみずほ産業調査部の資料

ハードの分類からメーカー勢力図、流通の仕組に国内外の歴史のあらましまでとゲーム産業に関係するほぼ全ての事象が簡潔に綴られています。さすが。

産業分析の結論としては
・国内CSメーカーの競争力低下が進行。
(スマホ登場、海外メーカーの台頭、開発費高騰、国内市場縮小などが起因)


・モバイルゲームも高品質低価格な海外製の流入など競争激化
・ハードの垣根が無くなり競争環境が激変する可能性
としています

さらに将来への提言としては
・国内メーカーの更なる再編による財務/開発基盤強化
・柔軟な資金調達や人材教育を可能にする政策支援
・海外企業買収でゲームの地産地消
などを挙げています。


ゲーム産業分析(PDF)
http://www.mizuhobank.co.jp/corporate/bizinfo/industry/sangyou/pdf/1048_03_05.pdf

コンテンツ産業分析全文(PDF)
http://www.mizuhobank.co.jp/corporate/bizinfo/industry/sangyou/pdf/1048_all.pdf


興味深いのはハード別の客層分析

任天堂ハードがスマホにライト層食われてるんだろうなぁと想像できる図
意外に子供はスマホにいないのかな。


国内主要メーカーのゲーム売上比率

比率が低い会社の方がCS事業継続に冷静ですね


不況知らずと言われたゲーム産業も今や先行き厳しい状況。
今後は開発が複雑化していく中でメーカー間の協力も必要になって来そうな風潮です。
顔の広い襟川社長擁するコエテクにはチャンス到来なのかも?


関連記事
任天堂・ソニー・MSの世界ゲームハード販売推移(2010~2014) 冷え込む携帯機、任天堂の失速止まず
日本国内 第7・8世代ゲームハード販売台数推移 (2004~2014)
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
国のサポートとかも欲しいけど
今サポートするならスマホゲーをサポートしちゃうんだろうな
NONAME| | 2015/05/10(Sun)14:28:04| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]