忍者ブログ

ユーザーにはどんなゲームか判断の場。メーカーには?

先週バルセロナで行われたGamelab conferenceで調査会社EEDARが「体験版とトレイラーの有無によるソフト販売数の変化」の調査結果を公開した。

結論からいうと体験版が販売に好影響を必ずしも及ぼさないというもの。


体験版とトレイラーの公開の有無による平均販売本数。


発売6ヶ月後平均販売本数
・トレイラーのみ公開:52.5万本
・体験版+トレイラー両方公開:25万本
・体験版のみ公開:20万本
・両方公開しない:10万本

引用:http://www.computerandvideogames.com


じゃあ体験版は悪なのか?と言うとこれは一概にいえない面もある。
例えば体験版などのプロモーションは新規作品や販売が思わしくないタイトルをよりユーザーに知ってもらうために投入する事もあるだろうし、大型タイトルの続編だったら体験版を出さないという手法も考えられる。また予算の少ない小品だったらプロモーションの費用も販売本数も少ないだろう。
さらに発売時期の他タイトルの動向、発売時期など、ゲームソフトの特性上まったく同じ条件での比較が出来ない。


調査会社が出す数字なのでそれなりに根拠があるでしょうけど、
いちユーザーからすれば自信のあるタイトルは体験版を出した方が販売に良い部分もあるのかなと思ったりします。
一作売り逃げしても次作の販売が落ちるだけですし。





ドラッグ オン ドラグーン3
スクウェア・エニックス
プラットフォーム: PlayStation 3
2013-10-31

amazon
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
体験版はゲームの粗も同時に見えるからな
NONAME| | 2013/06/29(Sat)15:29:05| 編集
無題
管理人の分析が答えだと思ったけどな
NONAME| | 2013/06/29(Sat)19:15:17| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]