忍者ブログ

厳しい状況にQOLは救いの一手になるだろうか

質疑応答が公開
長いので要約


■WiiU生産台数と損益、ソフトについて

在庫は360万台以下で多少は生産を予定、逆ざや分の損失は前期で計上しているので損失はほぼ無い。
ソフトがあるからハードが買われるという認識には変わりは無い。


■中期的な計画

再来期(2017年3月期)には新規事業が収益の柱に育ってくるイメージ


■投資の優先順位

「任天堂らしい利益水準」には2年ほど必要、キャラクターIPは今期、QOLは来期から開始、スマートデバイス活用は今期。


■次世代ハードの導入時期

開発は常時しているが明言はできない。現行ハードの価値を上げなければ次も買われない。


■組織改革の計画は

(据置機と携帯機の)ハード開発部門をすでに統合、運営方法も改革の最中。
ソフトとハードの部門拠点も開発棟で集約、6月に引越し。
3月に社長直轄の部署「ビジネス開発室」を新設、新事業の社内外の要に。


■ゲームで「任天堂らしい利益水準の達成」は無理なのか

新規事業は収益の安定化のためで、ゲームに悲観しているわけではない


■新興国の開拓

新興国のニーズに合わせた機能・価格を提供する必要があり、今期の具体案は無い。
中国は現在研究中


■3DS/WiiUの販売目標は来期以降伸ばすのか、低くするのか

3DSは販売増を目指し、WiiUは収支のバランスを重視。
ピークアウトとは決め付けていない。


http://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/140508qa/index.html

QOLの具体性が無い事は今までどおり。

今期販売目標の360万台をまかなえるWiiUの在庫は重く、追加生産の目処についても頭が痛い問題。さらにすでに生産が止まっている事も伺える。
あっさり次世代機に移行するのも選択の一つだ。

とにかくWiiUソフトが用意できない現状はWii全盛期にHD開発への投資を怠った結果と批判されても仕方がない。
今は150億円の研究開発費が実を結ぶのを待つしかないのか。


関連記事
任天堂、2013年度 岩田社長説明まとめ 新規事業の一角にNFC機能を利用したキャラクターフィギュアを展開
任天堂2014年3月期決算、営業損益は464億円の赤字、WiiUは272万台販売と低調
任天堂がE3での新機種発表のうわさを否定! 「検討していない」
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
むしろ再来期こそキツいと思うんだが・・・
3DSもフェードアウトしてるだろうし
4000万本ぐらいあった前世代機の売り上げも消える
本気でQOL頼みで行くのか
NONAME| | 2014/05/10(Sat)18:39:37| 編集
無題
よく次世代機次世代機って言われるけど、WiiU出てまだ1年ちょっとだからな。
いくらなんでも早すぎるってレベルじゃない。
NONAME| | 2014/05/10(Sat)19:17:06| 編集
Re:無題
>よく次世代機次世代機って言われるけど、WiiU出てまだ1年ちょっとだからな。
>いくらなんでも早すぎるってレベルじゃない。


そうですよね、
ただ工場が生産停止からの再生産だとコストが跳ね上がる事もあって
岩田社長の悩みどころですね。
先代組長ならバッサリいっちゃいそうですが。
【2014/05/12 23:24】
無題
据え置き撤退して携帯機を全力で死守した方がいいと思う。

二兎追ってる場合じゃない
NONAME| | 2014/05/11(Sun)00:50:16| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]