忍者ブログ

国内メインストリームの変遷が分かるソフト販売本!

2012年度版年間TOP1000発表!
http://geimin.net/da/db/2012_ne_mc/index.php


432 :名無しさん痛みに耐えられない:2013/04/30(火) 11:18:24 ID:HNiFrk0w0
    はい

年間ソフト販売本数〔万本〕
年度 PS2 PS3PSP
Vita
Wii
WiiU
DS
3DS
合計
2006 2,200 --40-566
----
-190
----3,780
----6,776
2007 1,127
-266
-603
----
1,127
----
3,704
----6,827
2008 -542
-477
-949
----1,333----2,702
----6,003
2009-350
-834
1,027
----1,352
----2,783
----6,346
2010--84
1,0151,642
----1,167
----2,190
----6,098
2011--20
1,2531,389
--49
-868
-----727
-736
5,042
2012---5
1,163-765
-192
-507
--85-4881,6744,879


433 :名無しさん痛みに耐えられない:2013/04/30(火) 11:19:19 ID:dZEp/f/I0
    >>432
    DSバブルが終わってスマホに客盗られたのがよくわかるねこれ


437 :名無しさん痛みに耐えられない:2013/04/30(火) 11:20:13 ID:Nb9XimEk0
    >>432
    うーんこの…
    VITAは今年もっと頑張って欲しいとこですな(´・ω・`)b


2012年に入り世代交代が遅れていることが00年代中盤との比較で分かる。
DSは433氏が指摘するように「英語漬け」(2006年発売 累計200万本)や「脳トレ」(2005年 続編と合算で900万本)など流行を作った面もあるが、こうしたムーブメントを起こしたタイトルが今後見出せるかで大きく変わりそう。
PSViatの伸び悩みによくモンハンが引き合いに出されるが、それに加えてPSPのスクウェアFF作品ディシディア(2008年 90万本)やクライシスコア(2007年 80万本)に代わるものが登場していないことも原因か。

業界規模の縮小傾向で、足元を見つめなおした30万本を目指す中堅タイトルの再評価が高まっているのかもしれない。
去年の円高もあって、2013年はセカイセカイから国内向けのタイトルが増えそうな予感。


関連記事
ワングー社員「中小メーカーの目標とすべき会社はマーベラスAQLで一致」
コエテク襟川社長「KTGLでマルチプラットフォームに対応とコスト削減を実現」
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]