忍者ブログ


Forbesによる『任天堂スイッチが仕掛けたゲーム機「コンソール戦争」の行方』と題する2017年家庭用ゲーム機市場動向の記事。


以下概要

・今まで「ゲーム機戦争」と言えばPSとXboxの競争だった

・2017年になってその戦線に異常が発生、スイッチが誕生した

・他機種には及ばないが独自のソフトを備えた

・2017年のゲーム機戦争は携帯性・簡易さと性能のせめぎ合いだった
2017年のゲーム機戦争は、「入手のしやすさと場所を問わず遊べる点」と、「リアルな映像とゲーム性の高さ」のアピール合戦という様相を呈している。マイクロソフトとソニーの競争のように、一方が市場を独占することにはならないだろう。

・NPDではスイッチが首位を獲得、年末も好調が続く可能性が高い

・EAがSWBF2で課金アイテムの販売を中止したが、これは開発費の高騰によるものが原因だろう

・一方任天堂は課金には否定しておりどちらの方向が支持を集めるかは不明だが18年には結果が見えてくるだろう


https://forbesjapan.com/articles/detail/18485



実は課金もかなり導入していたりする任天堂。
任天堂の高潔なブランド信仰は継続している印象です。

しかしスイッチのヒットでPS4一強から流れが変わっているのも事実。
来期も適切なタイミングでのソフト投入が維持できれば勢いは続くと思われます。
任天堂機の客層が好むソフトをいかに集めるかが飛躍のカギになるでしょう。
(サードでのヒット作はボンバーマンRがVG推計で世界48万本、マリオ+ラビッツは欧米47万本


Xenoblade2 (ゼノブレイド2) 【オリジナルマリオグッズが抽選で当たるシリアルコード配信(2018/1/8注文分まで)】
任天堂
プラットフォーム : Nintendo Switch
2017-12-01

amazon
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
スマブラなんて課金地獄ですよ、途中でキャラを集めるの諦めちゃいました。
スマホ参入もそうですけど任天堂が課金に反対してるに凄い違和感w。
NONAME| | 2017/11/23(Thu)15:39:30| 編集
無題
FEのDLCを連続で購入する必要がある仕様についていけなかった
課金に異を唱えるとか本気で言ってんのかよ
ぶつ森も釣りとか家具関連で金払わせる気満々じゃないか
NONAME| | 2017/11/23(Thu)16:00:46| 編集
無題
この記者の中ではWiiの存在はなかったことになってんだな
あらゆる点で突っ込みどころ満載
NONAME| | 2017/11/23(Thu)20:09:28| 編集
無題
月に何十万とか十連ガチャ何十回とかもうね
NONAME| | 2017/11/23(Thu)20:55:19| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]