忍者ブログ


スクエニが放つフロントミッションの血を受け継ぐ作品「LEFT ALIVE」(PS4/PC 2018年予定)のTGSステージが公開。
初のインゲーム映像が公開されています。


登壇者
橋本 真司 氏(プロデューサー)
鍋島 俊文 氏(ディレクター)
新川 洋司 氏(キャラクターデザイン)


●ステージインタビュー

橋本:20年以上FMを作っているがエボルブは期待に応えられなかった。
 そこでこの鍋島×新川×スクエニの座組を考えた。

鍋島:FMをもう一度やりたいという話をいただいて…

新川:最初はFMでキャラデザを受けた。僕にとってFMは天野先生や横山先生のイメージだったので、やりたいと思った。


--ゲームの内容は?

橋本:PVはキャッチーさを考えて意味深なものにした

鍋島:コンセプト通りではあるが分からなかったかな。
FMの流れを汲む作品ですが小ネタ(額の中にハフマン島の絵や作中のメーカーロゴ)を差し込んでいる

新川:キャライラストの3人が主人公、最初は主人公だけって話だった

鍋島:サブキャラのラフも新川氏が出してくれた

初期ラフ⇒二稿
新川:ラフで提出した1枚

鍋島:細かい設定は渡さずに新川節に期待していた
ざっくりと「オッサン」「イケメン」「お姉さん」でお願いした

新川:イケメンが一番困った 女性キャラは元軍人の婦人警官で「制服萌え」みたいな(笑)


--サバイバルアクションというジャンルだが

鍋島:SLGにするかと思ったが、長く作ってきたのがACTだし新しい作品と言う事でACTにさせてもらった
1人で生き残る作品。

橋本:最初はSFCだったからね(笑)FMの流れでだけど新作と言う事で新しいタイトルにした

(実機画像公開)

鍋島:これからさらに上げていく。主役は人間で生き残りの道を探すというもの

橋本:人間ドラマです。開発状況はデバックもやりながら作ってる段階
ワクワクドキドキハラハラの作品です


(ゲーム映像初公開)






鍋島氏は海外の噂通りスクエニに入社していました。
ハフマン島など確実にFMシリーズでありつつ、サバイバルアクション要素が強いものになりそう。
開発状況もかなり進んでいるようで発売もそう遠くなさそうです。
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
これは海外ウケも中々良さそうですね
NONAME| | 2017/09/21(Thu)11:58:09| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]