忍者ブログ


レジー米任天堂社長によればクラシックミニスーパーファミコンの供給体制は万全の模様。
先般のテクノロジーサミットで同氏が語っています。


以下概要

・ミニSFCはミニファミコンから生産を劇的に増大
・米国で予約難が続いているが、供給側に問題はない
・オークションサイトで余分なお金を払うべきではない
・ミニファミコンは3DSから注目を奪わぬように意図して生産を絞った


http://jp.gamesindustry.biz/article/1709/17091201/



ミニFCの成功を受けてSFCは多めに生産出来ているようです。
Switchが飢餓感を煽っているか否かが話題になったりしていますが、任天堂が過剰供給に対して慎重になっているのかもしれません。


ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ 任天堂
プラットフォーム : No Operating System
2016-11-10

amazon


関連記事
「ミニスーパーファミコン」の予約受付は9月中旬以降、発売は10/5
「ミニスーファミ」の国内発売は10/5、価格は7980円+税
米任天堂が「ミニスーパーファミコン(SNES classic)」発表、21本のソフトが入り9/29発売
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
やっぱ意図して絞るとかやってるのね
NONAME| | 2017/09/12(Tue)17:14:12| 編集
無題
需要が限られるミニシリーズは過剰生産すると、たまごっちみたいに在庫抱えて大赤字ですからね
任天堂的には少なめに作っていい加減でしょう
switch絞るのはなんだかなぁですがw
NONAME| | 2017/09/17(Sun)03:35:54| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]