忍者ブログ

ポケモンGOの任天堂取り分を試算しています。

メディアプロデューサー柳内啓司氏なる人物の「ポケモンGO」騒動分析。

以下概要

・ざっと各社の売上配分を試算

Apple / Googleのプラットフォーム使用料:30%

Niantic社の取り分:70%

相場からポケモン社のライセンス使用料推測:30%

任天堂のポケモン社株持ち分比率:32%

0.7*0.3*0.32*=0.0672、売上の約7%が任天堂業績


・任天堂の業績修正なしからもバブルであると結論

・しかし「ポケモンGO」が仮に年に数千億円を売り上げれば、任天堂への利益が数百億円乗る。任天堂の発表は保守的なのかもしれない。

・またスマホゲームでの成功の可能性を秘めたヒットである


http://bylines.news.yahoo.co.jp/yanagiuchikeiji/20160723-00060298/



今回の株価急騰は任天堂がポケGOの開発元だという誤認から始まっている雰囲気ですが、ポケモンの絶大なブランド力を証明した一件でもあると思います。

家庭用機むけの作品もスマホタイトルとの連動を企画しているようですし、流れが変わる可能性もあったりするのかも。

ちなみに記事で指摘される6.7%があっているならば、ポケGOが1千億円の売上で任天堂には67億円が行く計算。


ポケットモンスター サン
任天堂
プラットフォーム : Nintendo 3DS
2016-11-18

amazon


関連記事
任天堂株が前週比-5,000円のストップ安 「ポケモンGO」ポケモノミクスに振り回される結果に
ポケモンGO効果で本家ソフトも牽引か 「GOをやったら本物をやりたくなった」
任天堂、「『ポケモンGO』配信による業績への影響は限定的」として業績予想の修正なし
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
任天堂ってバブル弾けやすくて安定する印象ないなぁ
NONAME| | 2016/07/25(Mon)15:24:06| 編集
無題
また一旦下がるだろうけど、ポケモンはロングランするだろうし、FEは分からんが、ぶつ森はかなりのヒットが見込めそうだし、また爆上げする気がする。
| | 2016/07/25(Mon)17:32:06| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]