忍者ブログ

しかし市場規模は2012年比で減少

■各ハードの販売台数
・ニンテンドー3DS(※1):195万7138台(累計:1171万9640台)
・プレイステーション・ポータブル(※2):30万4044台(累計:1948万3144台)
・プレイステーション Vita:52万6810台(累計:160万3969台)
・Wii:4万5153台(累計:1270万5895台)
・Wii U:31万7354台(累計:95万5693台)
・プレイステーション3 :46万3781台(累計:920万8114台)
・Xbox 360:1万1196台(累計:159万9207台)

※1:ニンテンドー3DS、ニンテンドー3DS LLの合計値です。
※2:プレイステーション・ポータブル、PSP goの合計値です。
ちなみに2012年上半期は以下
ニンテンドー3DS  2,075,596     7,517,620
ニンテンドーDS   11,939     32,860,999
プレイステーション・ポータブル  356,056     18,912,220
プレイステーションVita  327,728     947,147
Wii  243,605     12,582,809
プレイステーション3  440,221     8,313,573
Xbox 360  27,149     1,563,051

http://www.famitsu.com/news/201210/04022297.html
ダントツで好調な3DS
不調なイメージのPSVitaは意外な2位
WiiUは週平均1.2万台と厳しい。
■上半期市場規模比較
(2012年上半期の集計期間は2012年1月2日~2012年7月1日)
<2012年度上半期(26週)>
・ハード:659億円
・ソフト:1202億円
・合計:1860億9000万円

<2013年上半期(26週)>
・ハード:663億9000万円(昨年対比:100.7%)
・ソフト:1059億5000万円(昨年対比:88.1%)
・合計:1723億4000万円(昨年対比:92.6)
ソフトのヒットが少ないのかハードは横ばいな数字を示すものの、ソフトが12%減と大幅に減っている。
ハードが入れ替わる端境期の減少もあるだろうが、家庭用ゲーム人口の減少も考えられる。
■ソフト販売本数TOP5
1位 とびだせ どうぶつの森
上半期推定販売本数:137万5695本
対応機種:ニンテンドー3DS/メーカー:任天堂/発売日:2012年11月8日

2位 ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
上半期推定販売本数:121万2951本
対応機種:ニンテンドー3DS /メーカー:スクウェア・エニックス/発売日:2013年2月7日

3位  トモダチコレクション 新生活
上半期推定販売本数:120万2497本
対応機種:ニンテンドー3DS/メーカー:任天堂/発売日:2013年4月18日

4位 ルイージマンション2
上半期推定販売本数:82万3228本
対応機種:ニンテンドー3DS/メーカー:任天堂/発売日:2013年3月20日

5位  メタルギア ライジング リベンジェンス
上半期推定販売本数:44万7662本
対応機種:プレイステーション3/メーカー:KONAMI/発売日:2013年2月21日
こちらも3DS無双。ベスト5に3本任天堂タイトルと携帯機では磐石の体制を誇る任天堂。

引用:http://www.famitsu.com/news/201307/05036155.html


日本ソフト市場推移 2010-2012年

次世代据え置き機の登場で少しは改善されるといいのですが・・・
ハードが複数居並ぶ2014年はサード各社のハード選びも苦労しそう。


関連記事
数字でふりかえる 2012年のゲーム業界 【任天堂 2012年度第3四半期 説明会】
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
海外で携帯機の数倍は市場デカい据置を取れない任天堂と
SCE&MSのゲーム事業にかけられる資金の違いが
どういった変化をもたらすのか、数年後が予想つきませんな
NONAME| | 2013/07/05(Fri)13:21:44| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]