忍者ブログ
 
批判が多い新氏も「PSVita TV」に一定の評価

ソニー「PSヴィータTV」、エンタメ事業支える伏兵に

■ソフト不足のPS4、人気根強いPS3

中略

PS4向けのソフト不足は明らかだ。PS4向けとして発表されたソフトの大半は、SCEが独自開発しているものを除くとPS3版も発売される。例えば、人気シリーズのアクションゲーム「龍が如く 維新!」(セガ)はPS4と同時発売されるが、併せてPS3版も発売される。

 これに対し、PS4専用のオンラインゲーム「ディープダウン」(カプコン)はPS4発売時点で「(テスト版である)βサービスの開始時期を告知できれば」という段階で、実際に発売されるまでにまだ時間がかかると思われる。こうした状況は他のPS4向けソフトも同様で、主要なラインアップがそろうのは来年末ぐらいになりそうだ。

中略

 国内で最需要期である年末商戦の発売を見送ったうえ、前機種のPS3は根強い人気を保っている。有力ソフト不足も否めないだけに、PS4は来年2月の発売後も普及に苦戦する可能性が高い。


■様々な動画配信サービスに対応

 一方、ソニーのエンターテインメント事業の今後を占ううえで重要な戦略商品が9日に発表された。

中略

PSヴィータTVだ。欧米に先行して日本で11月14日に発売する。PSヴィータと同じハードウエア性能にシステムソフトを採用しており、PSヴィータで動作するソフトは基本的にすべて動作する。

中略

 デジタル業界を見渡すと、今回のヴィータTVのコンセプトに最も近いハードウエアが米アップルの「アップルTV」だろう。アップルTVはiPhoneなどのスマートフォン(=スマホ)やタブレット(多機能携帯端末)の画面をテレビに転送して楽しめるセットトップボックスだ。

 アップルTVの場合、同社のコンテンツ配信サービス「iチューンズ」を通じてレンタル・購入した映画をテレビに送信して視聴できる。ヴィータTVも同様のことができるが、自社以外の多数のサービスに対応しており、iチューンズより選択の幅が広い。


■ブランド力が普及のネック?

セットトップボックス分野では、日本においてはアップルを含めどの企業もデファクトスタンダードとなるヒット商品を出せていない。これまでPS3を中心にセットトップボックス事業を展開してきたSCEは、今後PS4を軸に同事業を強化するとみられていた。ところが、事前のそうした予想を覆し、安価で多機能な新端末を投入。セットトップボックス市場における主導権獲得を狙ってきた。

 ただ、皮肉なようだが、新端末の普及には強力なブランド力がネックになる恐れもある。ゲーム機のイメージが強い「プレステ」ブランドを冠した新端末が、セットトップボックスとしての機能をユーザーにどこまでアピールできるのか疑問だからだ。さらに、ゲームになじみのないユーザーに「プレステ」ブランドの神通力は通用しないだろう。


http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK09040_Z00C13A9000000/

相変わらずのべき論的な展開ですが、PS4に関して次世代移行のニーズは海外に比べて確かに弱いようです。
4Gamer:
 一方で日本の市場はどう分析されているんですか?

吉田氏:
 日本でのPS3世代の普及は(他の地域と比べると)比較的ゆったりとしたものでした。日本では,どちらかというと携帯ゲーム機の方が先行していて,市場的にもそちらの割合が大きいのが特徴ですよね。


ゲーム機の復権なるか――PlayStation 4の国内販売が遅れる理由,そしてサプライズ発表されたPS Vita TVについて,SCE WWSプレジデント・吉田修平氏に話を聞いてきた
http://www.4gamer.net/games/990/G999024/20130911114/
台数がきっちり用意できれば、コアユーザーが30万台前後は購入するように思いますが、
継続していくには国内向けのソフトの登場にかかっています。

ハードの初週台数
機種初週販売
DS44万台
Wii 37万台
3DS 37万台
PSVita 32万台
PSP 17万台
PS3 9万台
XBOX360 6万台


日本のハード(Wii/PS3/360)推移
2006年10月~2008年7月まで

wiiが640万台、PS3が230万台、Xbox360が63万台
http://www.z-z-z.jp/BLOG/sb.cgi?month=200807


VitaTVはかつてのPS1/PS2ユーザーに向けた部分もあるようなので、ゲーマーとそれ以外で単純には分けられないだろう。
ゲーム以外ではソニーピクチャーズの映画などがあるが、ipadなどのアップルの端末を持っていればRemoteが捗りそう。
やはり最大の武器はPS4のリモートプレイやnasne連動などゲーム発のネットワークサービスに帰結しそう。
未知数のハードなだけに日本のアマゾンで早々に売り切れた実績が海外でも話題になっています。

PlayStation Vita TV Already Sold Out on Amazon Japan
http://www.dualshockers.com/2013/09/10/playstation-vita-tv-already-sold-out-on-amazon-japan/


Vita TV単体
PlayStation Vita TV (VTE-1000AB01)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
プラットフォーム: PlayStation Vita
2013-11-14

amazon

コントローラー+8GBメモカ同梱版
PlayStation Vita TV Value Pack (VTE-1000AA01)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
プラットフォーム: PlayStation Vita
2013-11-14

amazon
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
VITA TVは欧米展開はまだ予定にないってのが勿体ないな
本当にテレビ局と提携した後にやるのかもしれないけど
NONAME| | 2013/09/13(Fri)15:41:57| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]