忍者ブログ

経常利益は為替影響で黒字も厳しい傾向は変えられず

平成26年3月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
任天堂株式会社

▲売上高は前年比で約44億円(2.2%)減の1,966億円
 営業利益は233億円の赤字だが前年からは改善
http://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2013/131030.pdf


2013年度第2四半期ハード/ソフト販売

3DS
ハード:249万台
ソフト:1637万本

WiiU
ハード:30万台
ソフト:527万本

3DSは国内中心に好調
「トモダチコレクション 新生活」が国内163万本
「とびだせ どうぶつの森」が201万本(世界249万本)
前期からの「ルイージマンション2」に、マリルイRPG,ドンキーコング3Dなどが堅調

WiiUは主力ピクミン・ゼルダHD投入も苦戦

※米大陸地域でWiiUのソフトが他地域に比べて高いので本体同梱の「ニンテンドーランド」が計上されていることが推測されます。


ダウンロード販売は上期で114億円
ソフトウェアの総売上が約1044億円なので、大雑把に1割前後か
※DL専売タイトルとDL販売のないパッケージタイトルとの割合は不明です


ざっと損益を見ると、
売り上げ減少の流れは変わっていないが売上原価は220億円削減と原価圧縮への改善は継続している。
しかし、広告費とWiiU向けの研究開発費の名目で販管費が120億円増となっています。
経常利益が黒字化した主な理由は為替差益ですね。
貸借では棚卸資産が390億円増加しており、WiiUの在庫が重い印象

2013年上期
上=昨年度 下=今年度
(単位100万円)

売上高
200,994
196,582

売上原価
156,648
134,539

販売費及び一般管理費
73,506
85,321

為替損益
▲23,273
18,360


依然厳しい状況です。
予想の修正を行わない理由に秘策があるのかは不明ですが、1000億円の営利獲得はかなり難しいと思われます。
個人的にはWiiU活性化には今年の年末が最大にして最後のチャンスかと思っていたのですが、3DSのような強烈な施策には踏み切らずに年末に突入するようです。

予想説明にも新作は「マリオ3Dワールド」、「Wii Fit U」「Wii Party U」と既出タイトルのみで展開、ハードの製造コスト圧縮とダウンロード販売が主な主張。


関連記事
任天堂2013年度Q1決算 売上高815億円の営業損失49億円と赤字も圧縮
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
売上高と比べた時の棚卸資産の2178億円が
赤信号が点灯するレベルですね。

値下げにしても、タブコン抜きモデルを出すにしても、
その2000億円の棚卸資産のどれぐらいが負債になる事か。
WiiUの値下げの道さえ閉ざされてる状況に近いと思う。
NONAME| | 2013/10/30(Wed)18:07:05| 編集
無題
1000億円縛りが有るから思いきった策をとれず、終了してしまったのがWiiU
NONAME| | 2013/10/30(Wed)19:31:15| 編集
無題
目標値を一切下げなかったのはまったくもって意味がわからない。
ここから営業利益、WiiUともに目標値を越えるには素人目には方法がわからないし、
全盛期のWiiですら半年で800万台は無理でした。
現実が見えてないのかと疑いたくなる
とくめー| | 2013/10/30(Wed)20:28:23| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]