忍者ブログ

決算で販売台数が揃い始めたので過去5年間の推移をグラフ化
5/7訂正:任天堂14年度を実績に差し替え

■SCE/MS/任天堂のハード出荷台数推移 2010~2014年度
(単位:万台)
 

FY10 FY11 FY12 FY13 FY14
SCE据置機 2,070 1,800 1,650 1,460 1,790
SCE携帯機 800 680 700 410 330
SCE合計 2,870 2,480 2,350 1,870 2,120
任天堂携帯機 2,113 1,863 1,630 1,237 875
任天堂据置機 1,508 984 743 394 384
任天堂合計 3,621 2,847 2,373 1,631 1,259
MS合計 1,330 1,360 1,000 1,220 1,170
携帯機合計 2,913 2,543 2,330 1,647 1,205
据置機合計 4,908 4,144 3,393 3,074 3,344

SCE据置はPS2+PS3+PS4
SCE携帯はPSP+Vita
MSは360+One(他社にあわせて4月-翌3月で集計)
任天堂携帯はDS+3DS(GBA以前は期間内の出荷無し)
任天堂据置はWii+WiiU(GC以前は出荷無し)
任天堂14年度は予想 (5/7の決算発表で差し替え予定です)

出典
http://www.scei.co.jp/corporate/data/index.html
http://www.microsoft.com/investor/Default.aspx
http://www.nintendo.co.jp/ir/library/historical_data/index.html


■据置機/携帯機 販売台数推移
(単位:万台)

 
大雑把に据置機と携帯機で合計。
いずれも縮小傾向だが、PS4、XB1の登場で盛り返した据置機に対し、携帯機は5年で6割減と急速に萎み始めている。


■会社別 ハード販売台数推移
(単位:万台)

 
さらにざっくりとした状況を見るため会社別総販売数の推移。
PS4の登場で下げの傾向を止めたSCE、携帯機を持たず最下位ながら規模を維持するMSに反し、
任天堂は減少が止められない。2012年度を境にWii/DS登場以前よりも少ない状況。

任天堂は近年、ハードの主力が携帯機中心になっていて、それを好むキッズ層やライトユーザーがスマートデバイスの登場で流出しているとする説とも合致する。



コアゲーマーとライト層の二極化でライトよりの任天堂顧客が流出していると推測される推移。
ゲハ的に期待されるような、どこかが失速すれば他社の利益になるような競合同士の食い合いは意外に少ない印象。局地的には360⇒PS4移行やソフトの独占などであるでしょうが。
ライバルはスマホを始めたゲームの多様化なのかもしれない。


関連記事
冷静すぎる みずほ銀行のゲーム業界分析 「和ゲーの競争力低下、再編が必要」
日本国内 第7・8世代ゲームハード販売台数推移 (2004~2014)
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
SCEには頑張ってもらって
国内にもコアゲーマーが更に増加してほしいものです
NONAME| | 2015/05/03(Sun)12:46:09| 編集
Re:無題
>国内にもコアゲーマーが更に増加してほしいものです

国内市場は心配ですね
和ゲーも今のライト若年層からある程度大人も含めて楽しめる作品が必要なのかも
【2015/05/03 14:06】
無題
任天堂の急落、SCE躍進が続く中こういった比較が取り上げられるのもも珍しくなってきたので貴重な記事ですね

任天堂はWiiUが引き続き底辺、3DSピークを完全に過ぎてますので今後さらににわるくなりそう 下手すりゃ一番メインの据え置き市場はもう今後一切とれないかもしれないですね
もはやゲーム無関係ですが今年発表の健康事業で一発あてるのを期待しましょう
NONAME| | 2015/05/03(Sun)16:32:51| 編集
無題
国内だけで言えば任天堂だけが元気なイメージなんだけどね。
サードから50万越えるタイトルがもっと出てこんものか。
あとVitaもっと頑張れ。
とくめー| | 2015/05/03(Sun)16:36:26| 編集
無題
据置機の減少はそのまま任天堂据置機の減少が主要因になってますね
結局Wiiで普段ゲームをしない層まで取り込むことに成功したものの
スマホの台頭を機にその層+αをそっくりそのまま
奪われてしまったんだと思います

SCEに関してはPS4は好調ですがPS2と比べてPS3の失速が早いのかな?
おそらくは価格が下がらないのが原因の一つでしょうが
こちらはPS4の方でカバーするのが目標ですね
ハウス氏の「ライトユーザー向けタイトルを増やす」という発言もあったので
ラインナップの拡充により国内含めて幅広い層に訴求できるように
PS4を育てていってほしいです
NONAME| | 2015/05/03(Sun)19:08:35| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]