忍者ブログ
3DS
任天堂、設計や生産体制の見直しを図りV字回復へ

報道によれば現在生産している3DSはすでに売れば赤字の逆ざや状態から脱出しているという。

任天堂は3DS発売後の昨年8月、販売不振を改善するため価格を2万5千円から1万5千円に値下げした。販売は急回復したものの、売っても赤字という“逆ざや状態に陥った。しかし、岩田聡社長は設計や生産態勢の見直しなどで今期前半にも逆ざやを解消できる見通しを示し、「現段階で生産している3DSで原価割れはない」(同社担当者)と説明している。

msn経済

 

4─6月の営業赤字の要因となった3DSの逆ざやは、現時点で製造している分においては、完全に解消したという。13年3月期の連結業績予想は、売上高が前年比26.6%増の8200億円、営業損益が350億円の黒字(前年は373億円の赤字)、当期純損益が200億円の黒字(同432億円の赤字)と据え置いた。

ロイター

日本人としては売るものの少ない日本の重要なコンテンツ産業の一翼である任天堂の復活は期待したいところではあるが、
ゲーマーとしては古いロットを確保しとこうかなー。やっぱり値段なりのつくりになってくるよなーというのも本音だ。


関連記事
[任天堂Q1決算 ポケモン好調も円高に苦しむ]
[3DS vs PSVITA 販売台数32週目&ソフト売上]

ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
この逆ザヤ解消ってのは間違いだと思いますよ。
任天堂が7月20日あたりにまだ逆ザヤだと発言してるので。

それと3DSの逆ザヤ解消は、製造原価を削ってるわけじゃなく広告宣伝費を大幅に削ってる感じですね。
本当の意味での逆ザヤ解消は難しいと思います。

任天堂Q1(4~6月)
    売上額 広告宣伝費 営業利益
2010 1886億   194億   *233億
2011 *939億   206億   -377億
2012 *849億   100億   -103億
NONAME| | 2012/07/26(Thu)19:48:06| 編集
Re:無題
書き込みありがとうございます

■逆ざやについて
一般で使われている「利ざや」は売価と製造原価の関係で話されているものだと思っていました。
認識違いなら訂正したいと思います。(広告は般管費かなと。)
そこを踏まえて製造原価の圧縮を“設計や生産体制の見直し”でQ2以降に解消する/しているというニュースだとソース記事を読んでいます。
現にQ1の時点でかなり売上原価は抑えて(約200億円の削減)いると思います。
http://file.kotetsu.game-waza.net/ninten2012Q1-01.jpg
「利益が出ているかどうか」については、出ていないですが。

■そもそも今期赤字の主な原因でヤバそうなのは為替差損ではないでしょうか。
(営利には影響ないですが。)

※記事で引用しているソースはいずれも7月25日のものです。

もうちょっと調べてみて問題の箇所の訂正を検討します。
【2012/07/26 23:31】
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]