忍者ブログ

先日のソニー副社長記事から過去の書籍が掘り起こされています。

元SCE赤川良二氏の書籍「証言。『革命』はこうして始まった」(2011)で任天堂との関係が変わった瞬間について触れられています。



■証言:田尻彬氏

-任天堂との話は、かなり具体的なところまで進んでいたのですよね?

田尻 本当に生産の直前までいっていたのです。1億数千万円で作った金型もできていたし、カートリッジやコネクタなど、任天堂から買わないといけない部品が12点あったのですけれど、その部品の買付の交渉とかも私がやっていましたね。

-ということは、任天堂にしてもその部品を売って商売にしているわけですよね。任天堂とSONYという会社同士のビジネスがありながら、いきなり「フィリップスとやります」というのは理解に苦しむ話かと思いますが

田尻 完成したプレイステーションの実機を1週間ぐらい貸したことがあったので、これならば自分のところでできる、と思ったのかもしれないですね。久夛良木さんに言わせれば、それはもう「青天の霹靂」ですよね。


http://www.enterbrain.co.jp/f2b/books/syougen/


この本はソニー関係者らによるものではありますが、山内元社長が健在で任天堂が最もギラギラしていた時期でもあります。
任天堂関係者の証言も読みたいところです。


証言。『革命』はこうして始まった プレイステーション革命とゲームの革命児たち (ビジネスファミ通)
赤川 良二 (著)

amazon


関連記事
ソニーの元副社長 任天堂との決裂の真相を語る 「開発したものをやっぱりいらないと言われ、ゲーム事業を起こした」「ソフト会社は任天堂の言いなりだった」
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
あの社長ならありえると思えるのが恐ろしい
NONAME| | 2016/06/02(Thu)20:58:13| 編集
無題
任天堂の上から外交なんて他にもたくさんあるからね

他社製品の批判とかも今だに治ってないし 真の一流企業にはなれない会社だと思ったよ
NONAME| | 2016/06/02(Thu)21:32:57| 編集
無題
他社製品の批判はライターが勝手にそう捉えてるものばっかりじゃないか…
NONAME| | 2016/06/03(Fri)01:09:48| 編集
無題
レジーやら宮本やら岩田やらが実際に他社批判繰り返してるよね
NONAME| | 2016/06/03(Fri)07:37:50| 編集
無題
レジーは他社のソフトはmeh…だの
宮本さんは見るべきものないだの、Haloはいつでも作れるだの
岩田さんは決算説明会でしょっちゅう他社批判してたよね
NONAME| | 2016/06/10(Fri)20:34:06| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]