忍者ブログ

日経が任天堂の14年度業績を報じています

以下概要

・2015年3月期の連結営業利益は250億円前後で予想の200億円を上回る
・純利益は従来予想の300億円を上回った公算(前期△232億円)
・売上高は5500億円と予想並(前期比4%減)

要因
・WiiUが国内を中心に苦戦もソフトが下支え
・3DSではスマブラに加え妖怪ウォッチなどが好調でロイヤリティが膨らむ
・想定より円安推移も好影響

http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXLASDZ28HLY_28042015TJ1000



ひとまず目標の黒字達成。
日経は触れていないWIiUの逆ざや分の前期計上と生産停止も影響しています。
5/7の決算発表で今後の計画も明らかになるでしょう。
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
今年はスマホの課金ゲー事業が
どのタイミミングで始められるか次第でしょうなぁ
WiiUは本当に再生産するのかね
NONAME| | 2015/04/29(Wed)05:59:58| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]