忍者ブログ

経常利益は黒字にしたものの、営業損失を計上

平成26年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)


▲売上高は前年比で約439億円(8.1%)減の4,991億円
 営業利益は15.8億円の赤字だが前年からは改善
 為替効果で経常は555億円の黒字
http://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2014/140129.pdf


2013年度第3四半期ハード/ソフト販売 (通期)

3DS
ハード:776万台(1,165万台) うち2DSは211万台
ソフト:2,987万本(5,725万本)

WiiU
ハード:195万台(241万台)
ソフト:966万本(1,596万本)


3DSは国内を中心に好調
ポケットモンスター X・Y 世界で1,161万本
トモダチコレクション 新生活 182万本
とびだせ どうぶつの森 279万本(世界で352万本)
マリオ&ルイージRPG4 154万本(全世界で200万本)
ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 185万本(全世界で218万本)

WiiUは3Dマリオ投入も好転せず
『ゼルダの伝説 風のタクトHD』、『Wii Party U』、『スーパーマリオ 3Dワールド』を投入しそれぞれミリオン達成も不調



昨年比では3DS/WiiUともにソフトウェア販売は増加していますが、ハードの伸びが無くWiiDS時代とは勢いが違う販売。前世代ハードの販売が縮小する中、現行機で変わりになれていない。
初めて公開された2DSの販売は211万台と大きなヒットにはなっていないようだ。

原価圧縮など引き続き改善は進んでいる面も見られるが、流れは変わっていない。

1250億円を上限にした自社株買いも発表されています。
これで大きな改善策の発表は限りなく少なくなったように思います。
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20140129-00000101-scnf-stocks


以下は修正後の予想

今期業績予想(単位100万円 配当は円)
決算期売上高営業益経常益最終益1株益1株配発表日
旧 2014.03920,000100,00090,00055,000388.2326013/04/24
新 2014.03590,000-35,0005,000-25,000-176.4710014/01/17
修正率-35.9赤転-94.4赤転赤転(%)
http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=k201401170006


ハード/ソフト販売予想 (単位:万本・万台)
NDS
ハード
NDS
ソフト
3DS
ハード
3DS
ソフト
Wii
ハード
Wii
ソフト
WiiU
ハード
WiiU
ソフト
前回発表-1,0001,8008,0002002,0009003,800
今回発表-1,0001,3506,6001202,6002801,900
http://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2014/140117.pdf


嗜好品であるビデオゲームには当たり外れがあるのは常で、ゲームキューブ/GBAの時代よりも利益が出せていないのは3DSの大胆な本体値下げも大きな要因になっているだろう。
よく旧態依然としたビジネスモデルと批判を受けることが多い任天堂だが、旧来の利益を確保する本体価格からは変化している。


関連記事
任天堂2013年度Q2決算 前年同期比で減収 WiiUは3ヶ月で30万台出荷と苦戦
任天堂2013年度Q1決算 売上高815億円の営業損失49億円と赤字も圧縮
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
改めて赤転の数字を見ても恐ろしい・・・
NONAME| | 2014/01/29(Wed)17:55:13| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]