忍者ブログ


任天堂 15年度3月期質疑応答が公開
長いので概要


--WiiU販売計画が少ないが3DSへの影響は

君島:影響はない。むしろ3DSにフォーカスできる


--スマホアプリのデザインや収益性は

君島:どうぶつの森は子供と女性層、FEはファンに向けてと違うジャンルのタイトルを選んだ
今後のタイトルも制限を設けずに準備する


--Miitomoが1000万ユーザーと発表したがDAUと収益を聞きたい。またアカウントの連動の影響と課金収入はどうか

君島:DAUなど具体的な数字は公表しない
収益インパクトはまだほとんどないが課金収入については想定通り
今後の課金はゲーム要素の強いタイトルをリリースし、タイトルによっては課金するファンが多くなるアプリにする
アカウントは増加傾向


--スマホへの本気度はどれ程か。宮本氏の作品は出さないのか

君島:スマホアプリは収益の大きな柱として育てたい
そのため強力な開発者が取り組んでいる
宮本は全体的なアドバイスを出している


--NXの今期への影響とロンチソフトは、また逆ざやなどコストへの姿勢は

君島:ソフトから逆算して発売時期を決定した。長期的な計画を立てている。
コストについては逆ざやは想定していない。


--Miitomoから得たものは

君島:早々に1000万ユーザーになったのは計画した通りではないかと思う
今後もユーザーからのフィードバックで活性化させていく


--KPI(重要指標)についてDAUを重視しているのか

君島:DAUの他、継続率も重視している


--スマホと専用機で同じIPを出す場合、何を重視するのか

君島:両方とも販売本数と「どう遊ばれているか」を重視している


--NXが年末発売を外すのは考えられない 今までの社長から変わった印象

君島:考え方に変更はない
ホリデーは重要だが長期的に遊ばれるものをしっかり出すことが一番重要


--資金需要についての考えは

キャッシュはIP活用に優先して使う


--今期のスマホ収益計画は。また数千億円に達するまでの時間は

君島:今期の次の配信は秋を予定していて大きなインパクトはないが相応の数字になる。
柱として成立する具体的な時期へはまだ早い


--WiiUの減少をNXでカバーできるのか

君島:NXとスマホを中心に計画している


https://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/160428qa/index.html


具体的な数字を明かさない所や、資金の活用に慎重なのは岩田社長時代同様。
NXをホリデーシーズンを外してもソフトの充実を目指している点は君島体制による変化なのか。

不調とは言え300万台売っていたWIiUの計画を4分の1に絞り、その穴を3月発売予定のNXを中心に埋めることは並大抵では無い。秘策があるのだろうか。


関連記事
任天堂2016年3月期決算 減収も増益、NXの発売は来年3月、WiiUは今期80万台計画と収束か
スマホ版「どうぶつの森」「ファイアーエムブレム」が発表、ゼルダUは17年に延期しNX版も発売へ
任天堂・ソニー・MSの世界ゲームハード販売推移(2010~2015)
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
NX出るまでスマホに全力って事か・・・
ガチャとかやらずに勝負してほしいわ
NONAME| | 2016/04/29(Fri)20:43:57| 編集
無題
スマホは収益の大きな柱
強力な開発者が取り組んでいる

ここ見てもうCSでの復活は無理だろうなと思った
願望としては最強の開発陣はNXに全力で取りかかっているとかいってほしかったわ
NONAME| | 2016/04/29(Fri)22:20:50| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]