忍者ブログ

ポケモン磐石! そして3DSの最終兵器「戦闘中」が5位で登場!

TSUTAYAゲームセル ランキング-全機種
集計期間: 2013年10月14日(月)~2013年10月20日(日)

1位(2)
ポケットモンスター Y
ニンテンドー3DS

2位(1)
ポケットモンスター X
ニンテンドー3DS

3位(3)
Grand Theft Auto V(グランド・セフト・オートV)
プレイステーション3

4位(6)
モンスターハンター4
ニンテンドー3DS

5位
戦闘中 伝説の忍とサバイバルバトル!
ニンテンドー3DS

6位
FIFA 14 ワールドクラス サッカー
プレイステーション3

7位(4)
サカつく プロサッカークラブをつくろう!
プレイステーション3

8位(5)
テイルズ オブ シンフォニア ユニゾナントパック
プレイステーション3

9位
BEYOND: Two Souls <初回生産限定版>
プレイステーション3

10位
聖闘士星矢 ブレイブ・ソルジャーズ 
プレイステーション3


13位
J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう!8 EURO PLUS
PSP


http://www.tsutaya.co.jp/rank/game.html?r=W090&f=20131014
上位3タイトルは先週から不動の安定した人気。
5位の戦闘中はゲーマーが恐れるほどのビッグヒットを飛ばした「逃走中」の続作、どこまでセールスを伸ばせるか注目。
FIFA14は初登場6位と、まだ日本ではウイイレほどの地位は築けていないか。
9位に「ヘビーレイン」制作のQD新作「BEYOND Two Souls」、聖闘士星矢BSは10位


ビヨンドは「プレイする映画」そのもののQTEで操作するADV、分岐点に選んだ選択肢によってリアルタイムで変化する作劇はすばらしい。
スピリチュアルなストーリーで、零体との出会いによって運命を翻弄される少女の15年を描く。

良い点
・PS3最高峰のグラフィックにハリウッド俳優の豪華な演技
・多彩なシチュエーションとステルス風やホラー風のステージ
・謎多く難解な物語に続きが知りたくなる引きが強い

気になる点は、
・時系列どおりに物語が進まない
・零体エイデン操作が難しい
など


難解なテーマとバラバラの時間軸、エイデンの面倒な操作と賛否が割れる理由も理解できる。
上等な作品だけど、ひとまず体験版プレイを推奨したい。
「ケイゾク」続編が望まれていた堤幸彦の新作が問題作「SPEC」だったような印象。


BEYOND : Two Souls (初回生産限定版) (初回封入特典 追加シーン・オリジナルサウンドトラックなど豪華ダウンロードコンテンツ 同梱)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
プラットフォーム: PlayStation 3
2013-10-17

amazon



関連記事
ツタヤ週販ランキング-10/13 「ポケモンX・Y」が1・2位! 「GTA5」は3・11位! 「サカつく」が4・8位、「ToS」は5位
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]