忍者ブログ

新作多数登場で混戦もポケモンが首位!

TSUTAYAゲームセル ランキング-全機種
集計期間: 2013年10月7日(月)~2013年10月13日(日)
1位
ポケットモンスター X
ニンテンドー3DS

2位
ポケットモンスター Y
ニンテンドー3DS

3位
Grand Theft Auto V(グランド・セフト・オートV)
プレイステーション3

4位
サカつく プロサッカークラブをつくろう!
プレイステーション3

5位
テイルズ オブ シンフォニア ユニゾナントパック
プレイステーション3

6位(1)
モンスターハンター4
ニンテンドー3DS

7位
ダンガンロンパ1・2 Reload
PS Vita

8位
サカつく プロサッカークラブをつくろう!
PS Vita

9位
フェアリーフェンサー エフ
プレイステーション3

10位(2)
無双OROCHI2 Ultimate
プレイステーション3


11位
Grand Theft Auto V(グランド・セフト・オートV)
Xbox360

14位
F1 2013
プレイステーション3

20位
フェアリーフェンサー エフ <リミテッドエディション>
プレイステーション3


http://www.tsutaya.co.jp/rank/game.html?r=W090&f=20131007
ポケモンにGTAという対極に位置するタイトルが登場し、他にも「サカつく」「TOS」2作ののHD版、「ダンガンロンパ1・2」「フェアリーフェンサーエフ」など新作が多数ランキングを賑わせている。

「モンハン4」が一気に6位になっていますが、先週のメディクリ週販で14万本なので5位までが10万本弱ほどのセールスになっていることも考えられます。

おっさんゲーマーとしてはGTA5がやはり凄い出来で、とてつもなく広大なマップに前作から軽快になったアクション、美しいグラフィックと文句のつけようがない。
字幕が無いなど細かいローカライズの不徹底やロードの長さなど不満点もあるもののハリウッド的な大作志向の作品でもっともリッチな一作。

株価に一喜一憂したり登山を楽しんだり好き勝手にできるのは最大の魅力。
セガ名越氏が否定する傍若無人なプレイも教育上良くは無いけどこのシリーズならではの特徴。


グランド・セフト・オートV (2013年秋発売予定) 【CEROレーティング「Z」予定】(数量限定特典DLC3種 同梱)
[18歳以上のみ対象]
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
プラットフォーム: PlayStation 3
2013-10-10

amazon


グランド・セフト・オートV (2013年秋発売予定) 【CEROレーティング「Z」予定】
[18歳以上のみ対象]
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
プラットフォーム: Xbox 360
2013-10-10

amazon

ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
洋ゲーが売れない日本でもCoDとGTAはそれなりに売れるね
NONAME| | 2013/10/14(Mon)16:59:07| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]