忍者ブログ
 
親任天堂な田下記者の国内次世代機展望

『日本据え置きハード市場の現状とテレビゲームの崩壊』と題する田下氏の新記事が公開されています。

以下概略



日本国内の現状

WiiU
・次世代機最高の190万台普及/newマリオUが唯一の120万本と最も普及もWiiと比べかなり遅いペース
・任天堂のタイトルが牽引するが他社製のソフトが非常に少ない
他社の積極介入か自社の大ヒットでもない限り変化は望めない

PS4
・本体は70万台で、高価格/供給遅延のPS3よりも遅いペース
・「みんなのゴルフ」「バイオリベ2」「龍が如く0」など発表も年末商戦投入は間に合わず
PS3とのマルチが多く普及に時間は掛かる

XboxOne
・初週2万台、発売1ヶ月で3万台と非常に厳しいスタート
・質の高い自社タイトルを持つが日本市場では影響少ない
日本における普及は極めて厳しい


崩壊するテレビゲーム
・WiiUは市場を獲得できず、PS4もPS3を超えるかは非常に怪しい
・開発費の高騰と市場縮小でビジネスモデルの行き詰まりが見える
・一方でクラウドゲーミングやインディゲームの盛り上がりも


http://allabout.co.jp/gm/gc/447518/


田下氏らしくPS4の新作に一番売れそうなFFドラクエMGSを省いている辺りは任天堂贔屓が過ぎるかな。


日本市場でPS4がヒットするか否かが国内据置機の短期的な分岐点だと思う。
国内サードメーカーの発言から危機感を感じる。

セガ「龍が如く0」チーフプロデューサー横山氏の発言
9月1日のソニーさんのカンファレンスや東京ゲームショウを見ても、この先一年くらいの間に、PS4を中心に国内外のタイトルが集まることを実感しまし た。その流れもあり、今後日本国内でも、自然と普及していくのは間違いないと。また、買わざるを得ない状況というか、買ってでも遊ぶ必要性が出てきたと き、ハードは適切に正しく広がっていくものだと思います。

http://www.inside-games.jp/article/2014/09/25/80971.html
コーエーテクモ副社長 鯉沼氏

PS4/XboxOneの発売前は国外でも持て囃されていたゲーム全滅論。
2機種のヒットで今ではすっかりその論調は消え去っています。
国内の今後や如何に。

ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
新作発表ってハッキリ書いてあるのに
ドラクエヒーローズを省いて市場の将来性を語るって
単なるネガキャンじゃないか…。
自称ゲームライターがこんな事やるのが許されてる
日本のゲーム業界は本当におかしいと思う。
NONAME| | 2014/10/01(Wed)12:06:33| 編集
無題
WiiUもまだスマブラがあるし、PS4も本体を牽引しそうなタイトルが沢山あるよね
縦マルチもデスティニーのように、PS4版の方が売れてる例もある
oneは、うん、まぁ
NONAME| | 2014/10/01(Wed)18:27:25| 編集
無題
彼は、ゲハの「俺らね、PLAYS(TAT)ION3はコケると思うよ。」を
自分のブログで良スレとして持ち上げるような人ですから
NONAME| | 2014/10/01(Wed)21:23:06| 編集
無題
>開発費の高騰と市場縮小でビジネスモデルの行き詰まりが見える

PS2の頃からずっとこう言われてるけど、あたらないよね(笑)

最新ハードでも、インディーズや最近UBIがやってる小規模開発のゲームも作れるわけですから、「高騰」は市場縮小の直接的な原因にはならない。

パソコンだってパソコンのスペックが上がってくるとパソコンゲームが売れなくなったというわけでもないです。

「アメリカは開発費の高騰があっても生き残ってる」わけですからね。

映画業界なんかだと90年代以降、映画の制作費が高騰した結果、じゃあ市場が衰退したかといえば、そうではないわけです。これは欧米のドラマ市場にも言えますよね。

もう少し、多面的な見方が求められます。日本の自称ゲームライターはテンプレートをはりすぎです。
NONAMはE| | 2014/10/02(Thu)08:05:53| 編集
無題
記事読みましたが特に任天堂贔屓じゃないと思う
贔屓なら「任天堂のパワーと任天堂の限界 Wii U」なんて記事書きませんよ
XboxOne以外の据え置きは国内でもタイトル次第で伸びていくポテンシャルはある
特にPS4の場合はまだ大きなタイトルが無い状態ですからまずブラッドボーンとドラクエの動きに注目ですね
これ以外にもまだまだビッグタイトルが控えてるので国内市場を語るのは時期尚早です
NONAME| | 2014/10/02(Thu)08:12:19| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]