忍者ブログ

古い情報が多いですが、各社の状況を

任天堂の場合

スーパーファミコン時代のソフト内訳(~1997年)
(推定 出典:ゲーム戦線超異常)
種目金額(円)割合(%)
製造(委託)費1,00010.0
ロイヤリティ2,00020.0
ソフトメーカー取り分2,50025.0
一次・二次問屋・小売店マージン4,50045.0
合計10,000
http://www.jftc.go.jp/en/cprc/reports.files/cr-0508.pdf(PDF)

ロイヤリティは当然一定ではなく、ファミコン黎明期を盛り上げた六大国と呼ばれる6社(ナムコ、ハドソン、タイトー、カプコン、ジャレコ、コナミ)は他サードパーティに比べ2割ほどだったという記事もある。

任天堂がサードの全タイトル製造をまとめたのは、ハードとの規格が合わずに回収になったソフトが登場したのが契機になっているようだ。
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/2191/tero-3.html


SFC時代の流通モデル

http://www.jftc.go.jp/en/cprc/reports.files/cr-0508.pdf(PDF)

初心会は一次問屋の親睦団体で、ファミコン最盛期には玩具問屋の総売上の7割に達するという非常に強力な発言力を持っていたといわれている。
http://gmdisc.com/archives/875

小売り店に対する配分出荷と、ソフトメーカに対して製造委託費の前払い、再生産に対する最小ロットの設定などネガティブな側面もあり。
当時は問屋側主体の生産数決定に不満も大きかったようだ。


Wii時代(2009年)

製造委託費はDSソフトで1700円、Wiiソフトは1000円で
PS2ソフトの製造原価は300円+箱と印刷物で数十円なので製造委託費からも利益が出る計算。

プレジデント2009年5月18号
http://president.jp/articles/-/3589

種目金額(円)割合(%)
製造(委託)費1,00017.2
ロイヤリティ4006.9
ソフトメーカー取り分1,79030.9
一次・二次問屋・小売店マージン2,61045.0
合計5,800
PS参入で競争が激化した後、SFC時代からロイヤリティ+製造委託を30%から24%に下げ、ソフトメーカー取り分が改善していることが分かる。


SCEの場合

PS1時代(1994年頃)
種目金額(円)割合(%)
製造費・ロイヤリティ90015.5
ソフトメーカー取り分229039.5
SCEマージン116020.0
小売マージン145025.0
合計5800
http://www.jftc.go.jp/en/cprc/reports.files/cr-0508.pdf(PDF)
SFCソフトから大幅に価格を下げ定価販売を徹底し、公取委員から勧告を受ける。
サードパーティの取り分がSFCの25%よりも高く、ソフト誘致に有利だったと思われる。

PS1時代の流通モデル

http://www.jftc.go.jp/en/cprc/reports.files/cr-0508.pdf(PDF)

小売りとの直接取引きで見込み発注によるロスの減少とCDによる細やかな再出荷をめざしたが、前述の定価販売が不可能になったこともあり、必ずしもうまくいっていないようだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/PlayStation



各社ともソフトメーカーの取り分はソフト定価の3割前後で、ロイヤリティ+製造委託費も約3割だと思われる。
SCEのロイヤリティも記述したものは定価販売時代と古く、PS2世代以降はさらに下がっていると考えられます。


話題になっている「闘神都市」はソフト価格が約6,000円でメーカー取り分が3割だとすると1800円。
3万本出荷で5,400万円の売上になります。
御影社長の「制作費2億円」発言はちょっとリップサービスというか、自社エンジン開発や機材の費用などを入れた映画の「総制作費」的なアピールではないでしょうか。


闘神都市
イメージエポック
プラットフォーム: Nintendo 3DS
2014-01-30

amazon


関連記事
イメエポ御影社長「闘神都市の本日出荷分は80%超の消化率」 2次出荷は2月6日
3DS「闘神都市」開発費は約2億円! イメエポ御影社長「オレ的ニコ生」で語る

各ゲームハードのタイレシオ(ソフト/ハード)一覧 任天堂・ソニーどちらのユーザーがソフトを買っているのか?
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
細かいまとめ乙
Wii時代でも結構SCEと差あったのかな。
NONAME| | 2014/02/08(Sat)13:49:44| 編集
無題
闘神都市は開発費9600万円 エンジン開発費等1億円と聞いています。

まあそれでも赤字ですけどねw
NONAME| | 2014/02/08(Sat)16:10:03| 編集
無題
Wiiに関するプレジデントのグラフは誤りですよ。

http://shohyo.hanrei.jp/hanrei/tm/2710.html
この判例の被害額算定によると小売・問屋マージンは3割程度です。ソフトメーカー取り分は4割ほど。
製造費の安いWii(というよりディスクメディアのハード)ならばメーカーの取り分はもっと多いでしょう
もちろんこれはGBAの場合なので、小売・問屋マージンが値上がりした可能性もなくはないですが。
NONAME| | 2014/02/09(Sun)15:31:24| 編集
無題

誤りというか、変動してるんじゃないかな
この記事にもWiiの委託費は1000円とかいてますよ
NONAME| | 2014/02/10(Mon)00:02:38| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]