忍者ブログ


「ウィッチャー3」の丁寧な日本語ローカライズから多くの注目を集めていた元スパイクチュンソフト 本間氏がウィッチャーの開発CD Project REDの日本担当になっていたことが自身のツイートで明らかにされました。

一般的なソフトの数本分はあろうかという膨大なボリュームの「ウィッチャー3」翻訳は非常に素晴らしく、またそれが開発会社から認められるという夢のある話。

しかし日本の洋ゲーファンにとってそんな氏がCDPR専属になってしまう事ははかり知れない損失なのかもしれません。

追記:4Gamerでグウェントの記事が公開
http://www.4gamer.net/games/346/G034605/20170412118/


ウィッチャー3 ワイルドハント ゲームオブザイヤーエディション 【CEROレーティング「Z」】
スパイク・チュンソフト
プラットフォーム : PlayStation 4
2016-09-01

amazon
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
この人の翻訳は本当に素晴らしい
NONAME| | 2017/05/17(Wed)07:07:59| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]