忍者ブログ

生ける伝説 宮本茂氏の新作が思わぬつまずき

お馴染みZHugeEX氏が「スターフォックスゼロ」(WIiU 16年4月)の不調とシリーズ終了を予測。



スタフォ零は全くの赤字、これでシリーズが終わる可能すらある

米日欧の販売を見ているけど、これで50万本超えていたら驚き

このゲームは~130人の規模で2年以上かけて開発されている
これを考えれば利益が出ていないのは明白だろう
https://mynintendonews.com/2016/06/02/zhugeex-says-that-star-fox-zero-was-not-profitable-at-all/



任天堂系のサイトでも聞こえてくる厳しい状況。
評価集計サイトmetacriticのスコアで今年に入って80点以上を獲得したUタイトルはゼルダのHDリマスターとインディタイトルの2作のみ(PS4は33本、XB1は14本)で、ハード不振に並行してソフトの評価でも苦戦が続いています。
WiiUの国内販売を押し上げたスプラトゥーンに続くタイトルが待たれます。


ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
Wii中期ぐらいから任天堂ソフトの品質管理がダメダメになった印象
この状態でスマホにも大量に人員割いて
映像事業も自社で始めるって恐ろしい事なりそうな・・・
NONAME| | 2016/06/10(Fri)17:25:01| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]