忍者ブログ


白菜ブログの愛称でおなじみのorenowebgoさんがニンテンドースイッチタイトルのメーカー別比率と思わしきリストを公開。

上から任天堂、スクエニ、カプコン、株ポケモン、コナミ、コエテクと思われます。



N 81%

SE 4%

C 4%

P 2%

K 2%

KT 2%

他 5%

http://orenowebgo.hatenablog.jp/entry/2017/11/30/174950



発売から9か月が経つSwitchは依然として自社タイトル比率が任天堂機の中でも高い。
これはロンチから谷間を作らずに自社ソフトを発売出来たという見方もできますが、サードの入り込む隙ができない面も。


マリオ+ラビッツ キングダムバトル
任天堂
プラットフォーム : Nintendo Switch
2018-01-18

amazon


関連記事
ニンテンドースイッチの発売21週時点のソフト装着率は2.1本、ファーストの割合は86%と「自社専用機」の傾向
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
KTが分かりやすすぎるw
子供たちが1年に買えるソフトの本数は限られてて
そこを任天堂が取っていくから
残りの席の奪い合いは本当に茨の道やね
NONAME| | 2017/11/30(Thu)19:51:56| 編集
無題
来年はバンナムが上位に来そう
NONAME| | 2017/11/30(Thu)20:24:27| 編集
無題
1年目だからね
2年目は4割くらいはサードになるんじゃない?
NONAME| | 2017/11/30(Thu)20:47:35| 編集
無題
ならないよ
スイッチに出すということはPS3世代のゲーム機をフォローするという
事と同義
既に和ゲーも据え置きゲームは海外での売れ行きを最大化する施策を
した方が日本の小姑みたいなゲームマニアに媚び売るよりずっと伸びしろがある
特に欧米より嗜好が相似してるアジア市場の伸長が大きな支えになっている
海外で売るならPS3世代は切り捨てた方がメリットが大きい

ゲハは日本ばかり見すぎ
海外ではスイッチとPS4(箱)は競合する製品になっていない
NONAME| | 2017/11/30(Thu)21:16:07| 編集
無題
WiiUは9割くらいじゃなかったっけ
まだマシな方なのかも
NONAME| | 2017/11/30(Thu)23:11:52| 編集
無題
今は子供たちもスマホの課金ゲーに手を出すようなってて
年間に購入するソフト本数は更に減ってるだろうし
CSの子供向け需要は任天堂が取ってる分だけ
サードは子供需要が大きい任天堂ハードだけで勝負するのは
厳しい面があるんだろうね
NONAME| | 2017/12/01(Fri)10:14:50| 編集
無題
>任天堂ハードだけで勝負するのは厳しい面がある

考え方が逆なんだよね
今は世界的にサードにとってPS4が中心だから
汎用エンジン使ってるのに演算性能で遥かに上回るPS4と
マルチしないようなゲームこそむしろおかしいんだよ
NONAME| | 2017/12/01(Fri)12:06:40| 編集
無題
そういや電撃オンラインのランキングだとFIFA18のスイッチ版3万5千本売れてたね
ps4のFIFA16の売上越えてる
NONAME| | 2017/12/01(Fri)23:18:20| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]