忍者ブログ



日経新聞で任天堂がスイッチ人気で反転攻勢、息を吹き返すかという内容

以下概要

・ニンテンドースイッチは200万台計画から274万台実績、今期計画を1,000万台に据えた
・君島社長は慎重な言い回しだが、アナリストたちは楽天証券今中氏の1,400万台など軒並み会社予想を上回る予想

・スイッチの期待への背景にはWiiUの反省からソフトが作りやすい仕組み
あるソフト開発会社の幹部は「有力ソフトを早く投入する要請があった」と打ち明ける。
「任天堂向けが少なかった海外ソフトメーカーの提供も増えそう」(エース経済研究所の安田秀樹氏)
・スプラ2やマリオオデッセイなど自社の強力ソフトの販売間隔をWiiのヒットと重ねる投資家も多い
・また秋から始まる有料サービス、IP活用で長期的なヒット戦略も

・しかし変化の激しい市場でWiiは3年後には急減速、株価についてはソフトの売れ行きを見る必要があるとする外国証券の声も


http://www.nikkei.com/article/DGXMZO15953070R00C17A5000000/



スイッチはまだ発売から2ヵ月、成否については閑散期に入る5-6月や最も盛り上がる年末の動向を見守る必要がありそう。

海外大作ソフトの招致は既に発表されている「CoD:WWII」「RDR2」「Destiny2」「SWBF2」などがスイッチ対応を発表しておらず、安田氏の予想ほどは楽観視できない。

君島社長はひとまず山内時代後期のような「トップシェアを取らずとも1000億円の利益を安定して出す」方針なのではないでしょうか。


関連記事
任天堂 2016年度決算 質疑応答 君島社長「スイッチをWiiなみの普及規模にしたい」「ハードのライフサイクルは柔軟に変更」
任天堂社長 「3DSはスイッチと競合せず、ビジネスを継続」「スマホは年に2~3本新作」「スイッチは1000万台の出荷計画」
任天堂2017年3月期決算 売上高が5000億円を下回る スイッチは274万台と目標以上の出荷
スイッチ「マリオカート8 DX」が45.9万本の米初日、本体は累計100万台突破
「ニンテンドースイッチ」は成功か? 初動を過去ハードと比較
ニンテンドースイッチ好調 調査会社「初月に世界で240万台販売」「年内予想を500万台から720万台に修正」
ニンテンドースイッチ、米国3月に90.6万台以上販売、ゼルダは138.5万本で任天堂史上最高のスタート
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
任天堂関連の予測してるアナリストで
年間の予測が当たった奴を今まで一度も見た事ないんだけど
NONAME| | 2017/05/02(Tue)11:23:27| 編集
無題
勝手に周りが騒いでるだけで、君島は現実的
上げて下げるためのフラグ作りに必死
NONAME| | 2017/05/02(Tue)11:47:03| 編集
無題
普通に考えれば2000万台を予想します
NONAME| | 2017/05/02(Tue)17:17:06| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]