忍者ブログ


任天堂が中国でNVIDIA SHIELD向けに自社タイトルの配信を5日から開始。


以下概要

・「ニュースーパーマリオブラザーズWii」や「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」などWii/GCタイトルを配信

・スイッチの投入について任天堂は言及を控えている

・同国の市場規模は米国を抜いている

・エース安田氏はIPの認知を目的と推測、収益面のインパクトはないとした


https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-12-05/P0IELO6K50Y601



お馴染みDaniel Ahmad‏氏がより具体的なリポート
本体価格は1499元でソフトは68元、マリオギャラクシー、パンチアウトなども対応
またこれはSwitch向けにWiiエミュレーターが対応するものではないとしています。


中国参入に慎重な姿勢でNVIDIA主導での展開ととるか、挑戦的な他社ハード展開ととるべきか。
脱ハードの未来も視野に入っているという事なのかもしれません。
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
こりゃ中々衝撃ですなぁ
あれだけ自社ハードにこだわってたのに
NONAME| | 2017/12/06(Wed)21:47:24| 編集
無題
脱ハードの未来も視野とかただの願望で草
NONAME| | 2017/12/06(Wed)22:52:19| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]