忍者ブログ


スクエニ野村哲也氏が自身が手掛ける「キングダムハーツ3」(PS4/XB1 2018年予定)のSwitch版を報じたIGNの拡大解釈記事に対してファミ通とのインタビューで触れています。




―― そのPVで発表された内容に関して、多数の海外メディアの取材が入ったとお聞きしています。

野村  取材はかなり多かったですね。ただ、海外での取材内容が日本に伝わる際には、言っていないことをセンセーショナルな見出しにされて拡散されることも少なくありません

―― 『 KHIII 』が、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で発売される可能性があると報じられていた件でしょうか?

野村  その取材では、『 KHIII 』のニンテンドースイッチ版について聞かれ、「いまは、すでに発表済みのPS4版とXbox One版での発売が最優先です。そのほかのハードに関しては、それが完成してから検討します」と答えました

―― つまり、いまは予定にない、ということですね。ハードをニンテンドースイッチに絞ったわけでもない。

野村  そうなんです。それが、「検討する」の部分を拡大解釈したのか、“発売の可能性がある”と広まってしまって。“そのほかのハード”はニンテンドースイッチだけではありませんし、それらはすべて、予定されているPS4版とXbox one版の完成後に検討するということです。

――「日本人はHDリマスター作品のXbox Oneへの対応を必要としていない」という発言があったという話も出ていますが、これもそうした齟齬が原因で広まったものでしょうか?

野村 そんなことは話していません。Xbox Oneで過去作のリマスターは出ないのかと聞かれたので、先ほどと同じように、発表済みのタイトルが優先だとお伝えしました。そして「Xbox One Xが発表されたいま、Xbox Oneへ向けて、『KHIII』発売後にそれ(リマスター版)を発表するのは、タイミング的に遅すぎると思う。とくに日本では市場的にも難しいのではないか」とお答えしました。


https://www.famitsu.com/news/201707/20138053.html


この件に関してはIGNJの翻訳や報じ方が話題になっていましたが、本家IGNの元記事が公開当初はかなりSwitch版の可能性について強めに書いていたようです。

欧米流にきっぱり「今は可能性は無い」と言い切れない日本人へのインタビューで起こりがちな誤報です。

ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
IGNJapanって見てる人少なそう
NONAME| | 2017/07/20(Thu)17:10:59| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]