忍者ブログ


任天堂の3DSが元ソニー社員の富田氏の特許を侵害したとして訴えられていた裁判。
2013年に連邦地裁で賠償を命じる評決が下された後、差し戻し審が行われていた模様。

 任天堂は25日、携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」が特許を侵害しているとして提訴された訴訟で、米連邦地裁が特許侵害がなかったとする判断を下したと発表した。



 任天堂は「今回の連邦地裁の判断は当社主張を認めたものであり、今回の判断は妥当なもの」とのコメントを発表した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ25IJ5_V20C16A4TJC000/

厳しい状況が続く任天堂にとって29億円の賠償負担が無くなることは朗報。


関連記事
米陪審が任天堂3DSの特許侵害認める、賠償額は約29億円  任天堂「棄却を確信している 売上に影響はない」
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
フィリップスの方は確定したんだっけ?
こっちがまだ続いてたこと自体知らなかったわ
NONAME| | 2016/04/26(Tue)12:29:14| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]