忍者ブログ
  
松本次郎「女子攻兵」1-2巻 感想。 巨大女子高生が支配するイカれた戦場!

狂気の奇才、「フリージア」の松本次郎 大炸裂!
狂っているのは俺なのか? それともこの世界は女子高生の夢か?


 
この物語は
戦況が膠着する戦時下の国家を舞台に、事態の打開を目的に投入された新型兵器「女子攻兵」。
その見た目はまるで現代の女子高生そのものだった。
女子攻兵に搭乗した兵士は次第に精神を蝕まれ、女子高生になってしまう!
異常な戦場をさらに加速させる設定を背景に、正体が明かされない敵との戦闘は継続する。


▲制服の女子高生そのままな巨大兵器「女子攻兵」 主人公の機体“ラヴフォックス04”

以上が舞台装置なのだが、はっきり言って意味が分からない。
狂気に満ち満ちた作品は次第に兵士の苦悩から、女子高生の悩みや日常にシフトしかかっていて、先の読めない悪夢のようなストーリーだ。

主人公のタキガワ中尉は精神汚染の恐怖から逃れるために戦闘を継続する。
女子攻兵の精神汚染に蝕まれた兵士は、ケータイにありもしない母親や友人からの電話を受信するようになり、症状を加速させる。
「大丈夫、まだ俺にはかかってこない」
タキガワの部隊は女子攻兵に飲み込まれた“元同僚”を始末する任務に就いている「女子攻兵猟隊」。
変容した兵士たちを見てタキガワは何を思うのか?


▲駆除対象の女子攻兵の兵士の情報を読むタキガワ中尉

討伐対象になる“元同僚”は下画像の姿からさらに異様なクリーチャーに変異し、
発する言葉は「おかーさーん ともだちたくさん できたよー」である。
ドロドロのグロい姿なのだが、一応ネタバレを考え伏せておく。


▲精神汚染がピークを迎え「女子高生」の精神になってしまい、戦闘不能になった兵士


▲駆除対象の影。もはや原型を留めず、元の兵士の意思も残っていない。

世界を支配する「預元者」が何者なのか、預元者が作り上げた異次元空間で繰り返される戦闘に何の意味があると言うのだ!?

▲「預元者」によって作られた世界。明確な目的が伏せられた戦闘。


感想
待ってたよ松本次郎! といった作品。鬼畜でエログロナンセンスなデストピアが読者を酔わせる。

同時に連載中の「地獄のアリス」がスーパージャンプというメジャー誌で、意外とポップな作品に仕上がっていて、作者の器用な一面を知ると共に、狂気を求める俺にとっては離れるきっかけになってしまっていた。
(地獄のアリスも十二分に尖った作品ではありますが、もっと先端な部分を松本先生には期待していたので・・・。)

そんな引いた気持ちを粉砕してくれたのがこの「女子攻兵」だ。この破壊衝動は素晴らしい。


とにかく物語は異様そのものであり、戦場は非情で、女子高生そのものになった兵士は、狂い、そしてエロい。
生体部品を使った正体不明の巨大ロボットというアイディアそのものはエヴァンゲリオンなんですが、そこに作者の女子高生愛とリアルな戦場をぶつけてかき混ぜたようなカオス。


▲戦時下の乾いた冷酷さも描かれる。


“次第に女子高生に変わっていくタキガワ中尉がどんな体験をしていくのか?”を追っているだけで二日酔いのような嫌な眩暈に襲われる、次第に読んでいる自分も狂気の世界に引きずり込まれていくような作風はさすがだ。


戦場と女子高生、SF未来の世界 多重構造の世界観は読者によっても感想が大きく変わりそうな万華鏡のような作品で、さらにはシリアスな描写だけではなく、女子高生同士の日常ドタバタみたいなパートもある。

とにかく、俺のつたない説明を聞いていても埒が明かない。
この感想を読んでる暇があったら一巻を読んでみて欲しい。
漫画や映画が日常からの逸脱を目標にする装置だとするなら、この「女子攻兵」は異次元に連れ去ってくれるはずだ。

このページ下部に第一話の試し読みのリンクも貼ってある。



▲つかの間の休日、タキガワ中尉は無常感に襲われる。


▲イナミ軍曹がエロカッコいい。全裸包帯にハイテク日本刀というブッ飛んだ中二仕様。


▲同僚たちは女子高生化が加速する。手前のチビは最前線を指揮する大佐(中身は団塊世代)。狂っている。


▲軍上部の新たな命令は「ツキコ」を討伐する事。
 また、主人公タキガワ中尉にかかってくるメールの送信者「ツキコ」の正体は何者なのか? 
 軍上層部が兵器補給を拒否し輸送してくる「携帯電話」にいったい何の意味があるのか?
 不気味で謎を多く残す世界に引き込まれる。

「女子攻兵」第一話 試し読み
コミックバンチ

関連記事
[松本次郎 「善良なる異端の街」]


「女子攻兵」 1-2巻
まさに“今年度最凶”のイカれた作品だ。

 

amazon




楽天
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]