忍者ブログ

若干飛躍が過ぎる門外漢の記事。しかし任天堂の飛躍に繋がるスマホ進出になるか?

WSJは先日行われたニンテンドーダイレクトに対して任天堂のスマホ進出の一歩という見方を示し、任天堂の潤沢なタイトル資産活用に繋がる画期的なものとして注目している。
任天堂、ミーバース・アプリでついにスマホ分野に進出へ

 任天堂は23日、家庭用ゲーム機「Wii U(ウィーユー)」に関する一連のアップデートと新ゲームタイトルを発表した。

中略

今回の発表で見落としてしまいそうな点は、スマートフォン(多機能携帯電話)向けアプリケーションを打ち出すとの同社の計画だ。

 任天堂が自社製でないハードウエア向けにソフトウエアを製作するとなれば、それは画期的だ。同社は人気のゲームブランドを他の端末メーカーと共有することに断固として反対してきたからだ。

 だが任天堂は23日、ウィーユーのソーシャル・ネットワーク機能「Miiverse(ミーバース)」を今春、スマホ対応に拡大する方針を明らかにした。当初はユーザーがスマホのブラウザーからこのネットワークに接続できる形を取るが、将来的には専用のミーバース・アプリを製作する計画だという。

中略

 任天堂は過去2年間、「ゼルダの伝説」や「スーパーマリオブラザーズ」といったゲームを他のプラットフォーム向けに開発する意思がないことを明確にしてきた。同社はこの点に関する方針が変わったとはまだ言っていないものの、ミーバースで良い感触が得られれば、心変わりにつながる可能性がある。

 任天堂の哲学が変化しつつある可能性を示すもう1つの兆候は、同社が先週、携帯端末向けゲームの人気が高まっていることを受け、据え置き型ゲーム機チームと携帯型ゲーム機チームを統合する計画を確認したことだ。この2チームは3億4000万ドル(約300億円)投じて日本で建設している施設で一つ屋根の下で作業するという。

 しかし、それ以外では、同社は他のプラットフォーム向けのゲーム開発の回避姿勢を鮮明にしている。

ウォールストリートジャーナル


569 :名無しさん必死だな:2013/01/25(金) 15:45:59.68 ID:udHFo0Pa0
    任天堂、ミーバース・アプリでついにスマホ分野に進出へ

    任天堂は過去2年間、「ゼルダの伝説」や「スーパーマリオブラザーズ」といったゲームを
    他のプラットフォーム向けに開発する意思がないことを明確にしてきた。

    同社はこの点に関する方針が変わったとはまだ言っていないものの、
    ミーバースで良い感触が得られれば、心変わりにつながる可能性がある。
    http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323355204578262913657513242.html

    うわあああああああああああああああああああああああああああ


575 :名無しさん必死だな:2013/01/25(金) 15:46:58.88 ID:+/VgfAjS0
    >>569
    なるほど、そう見ることも出来るのか・・・


576 :シド32歳 ◆Y5BmBDkCuM :2013/01/25(金) 15:47:18.85 ID:zG5UmNu40
    >>569
    …仮にスーパーマリオ売ったとして
    アングリーバーズより売れるんだろうか


584 :名無しさん必死だな:2013/01/25(金) 15:48:13.45 ID:u3wSswfx0
    >>569
    ずいぶん適当な記事を書くもんだな


588 :名無しさん必死だな:2013/01/25(金) 15:48:37.70 ID:4CHwDzlu0
    ミーバースはデモンズのパクり
    http://touch.allabout.co.jp/gm/gc/403476/pre/


590 :名無しさん必死だな:2013/01/25(金) 15:48:51.92 ID:uiLWNwi00
    >>576
    マリオのキャラでアングリーバード売ればバク売れですよ


592 :名無しさん必死だな:2013/01/25(金) 15:49:07.77 ID:T+h8YTM50
    >>569
    それはハード事業終える時だろう


593 :名無しさん必死だな:2013/01/25(金) 15:49:17.96 ID:NNDtaVTd0
    >>569
    ミーバースアプリって、単にWiiUユーザーが外でもスマフォでミーバース使えるようにしたもんだろ
    まあハード作るかの分岐点にあるのは確かだろうけど
思えば前回のニンダイはミーバースとバーチャルコンソールの解説に時間を割き、ミーバースのスマホ対応で「SFC位までなら簡単にスマホで動かせるのでは?」という読みを生ませるための解説だったようにも捕らえられます。

実際現在のケータイゲームは玉石混交でF2Pが主流ですが、任天堂のブランドが入り込む余地はいくらでもあるようにも思えますし、その足掛かりとしてのミーバースアプリだったら面白いですね。

ただし、多くの WiiUすら持っていないユーザーを引き込むためには、現状の本体紐付けで不都合の多いアカウント制度を変え、ポイントの統合を行わない限り普及は難しいでしょう。

これはSCEにも言えることで、PSVitaはメモリーカードがアカウントと紐付けされている現状があります。
さらにソニー平井社長は家庭用ゲーム機のあり方を変えクラウド導入も含めた改革を宣言しています。

MS・SCEにオンライン利用で遅れをとる任天堂の選択は非常に興味深い。
とりあえずWiiUのアップデートはもったいぶらず早々に行って欲しいが。



Wii U プレミアムセット (WUP-S-KAFC)
任天堂
Nintendo Wii U
2012-12-08

amazon


関連記事
[ニンダイ2013.01.23 「ゼルダの伝説 風のタクトHD」「毛糸のヨッシー」「アトラス×エムブレム新作」「ゼノ新作」発表! WiiU用VC対応開始!]
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]