忍者ブログ
 
日経トレンディのゲームビジネス特集第3弾は河野社長

長いので要約


■PSVitaの状況は


カラーバリエーションの増加などで国内には手応えも海外では正直厳しい。ただしチャンスがないわけではない。


■専用ゲーム機不要論にどう思う?

存在の見直しはされるだろう。
PS4は従来の後継機ではなく、ネットワークで本格的にコミュニケーションできるようになった初めてのPSで成功の理由になっていると思う。


■「1つのプレイステーション」を目指す

PSVitaとPS4の連動でソフト・コンテンツの共有など「1つのプレイステーション」を目指す。
PS4が好調な欧米ではVitaにもチャンスになる。
また連携する事で今までのハードが何台/専用ソフトが何本というビジネスから異なる経済圏が誕生するかもしれない。


■女子大学生層の支持が増加
今回のPS4は、発売直後から、従来のカラーバリエーション増加後のような感じで、女性ユーザーが積極的に購入してくれています。中身は10代後半から20代前半の大学生に当たる層が多い。これまでとは異なるトレンドです。


■PS4にソフトを提供するメーカーは
PS4向けゲームを作ると言ってくれるソフトメーカーは増えています。ただ、

中略

それらはすべてパブリッシャーや制作会社が持つリソースと、最終的には経営判断で決まります。はっきりしているのは、クリエーターの方々に「PS4ではソフトが作りやすくなった」と言ってもらえること。以前よりも開発スピードが速まっているので、経営判断としてもPS4向けソフトの制作は、以前より選びやすい状況にあると思います。

SCE自身を含めて日本のメーカーも今、急ピッチでPS4向けソフトの制作に力を入れているところです。面白いソフトが多数出てくることに期待していいと思っています。


■有料サービスPSPlusの加入者は倍に
米国ではPS4を発売した11月15日以降、短期間でPS Plusのメンバー数が2倍に増えました。米国だけでなくPS4を発売した国・地域では、ほぼ同じような現象が起きています。

中略

メンバーが増えれば収益に貢献するのは確実で、その意味でビジネスモデルに変化が起きていると言って過言ではありません。


■「SCEは自分のことをわかってくれる」と思われる仕組みを
私たちはCRM(カスタマー・リレーションシップ・マネージメント)を重視したマーケティングをもっと徹底する必要があります。

中略

 私たちも、常に新しい客を探すのではなく、既存の客にいかにアクティブに長く楽しんでもらうかを、今後は重視していきたい。そのためにはもっともっとユーザーのことを知らないといけない。あるゲームソフトを遊んでいる人に、「実はこのタイトルも面白いですよ」と伝えることは、やれているようで実はまだやれていないでしょう。PS Plusで定額料金を払ってもらってメンバーを募る以上、「SCEは自分のことをわかってくれている」といかにメンバーに思わせるか。そこは非常に重要です。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20140401/1056320/?P=1



※CRM 【 Customer Relationship Management 】とは

主に情報システムを用いて顧客の属性や接触履歴を記録・管理し、それぞれの顧客に応じたきめ細かい対応を行うことで長期的な良好な関係を築き、顧客満足度を向上させる取り組み。また、そのために利用される情報システム(CRMシステム)。

データベースなどを用いて各顧客の詳細な属性情報や購買履歴、問い合わせやクレームの内容などを記録・管理し、問い合わせに速やかに適切に対応したり、その顧客に合った商品を紹介したりといった活動が中心となる。

http://e-words.jp/w/CRM.html

河野氏はソニーマーケティングの代表でもあり、単なる顧客の増加以外にも潜在する需要(女性や従来のユーザーの強化など)を掘り起こすことも視野に活動をしている事が分かるインタビューです。

PS4の国内向けタイトルの動向についてはややトーンダウンしているかもしれない。


マーケティングが強化されれば、単価の高さと前作の評価がセールスに直結するゲームソフトの動向に変化が起きる可能性も感じる。
面白いのに日の目を見なかった惜しいタイトルが非常に多く、そういった「無名の名作」の再評価のチャンスが増えたりすると面白いかな。

「ワイルドアームズ」シリーズのリブートの機運も高まっていますし、休止しているシリーズの再評価もしてそうですね。

ポポロクロイスも出さないかな~




PlayStation Vita オトメイトスペシャルパック (PCHJ-10011)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
プラットフォーム: PlayStation Vita
2013-12-19

amazon

ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
最近じゃ魔都紅色幽撃隊とか
もっと有名になっても良いと思ったな
戦闘システムのPV見てそう感じた
NONAME| | 2014/04/02(Wed)12:39:52| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]