忍者ブログ

ゲームの主戦場アメリカで1150万台到達!


米任天堂、ニンテンドー3DSの累計1,150万台突破を発表。
2014年もソフトの充実を約束


任天堂アメリカは10日、アメリカ国内におけるニンテンドー3DSファミリー(3DS、3DS LL、2DS)の累計販売台数が1,150万台を突破したことを発表しました。

2013年の3DSソフト販売本数は1,600万本以上となり、前年比45%以上の成長を遂げました(パッケージ版、ダウンロード版合算)。また、アメリカ国内におけるニンテンドー3DSファミリーの累計販売台数は1,150万台を突破しています。

中略

「ニンテンドー3DSはあらゆる種類のプレイヤーにアピールするソフトやジャンルを揃える強力なプラットフォームです。我々は2014年もアクセルを緩めることなく、ファン好みのブランドを特色とするタイトルを投入し、ニンテンドー3DSの全盛期をこれから迎えようとしています」

任天堂アメリカのセールス&マーケティング部門上級副社長のScott Moffitt氏は述べています。


http://t011.org/game/74213.html


米国でも好調な3DS、気になる前世代DSとの比ではどんな規模なのか?
比べてみた

3DS(2011年2-3月発売 価格25,000円⇒2011年8月から15,000円)

2011年3月2012年3月2013年3月2014年3月
(半期)
国内106479569180
米大陸132467427117
その他12340640093
合計3611,3531,395389


NDS(2004年11-12月発売 価格15,000円)

2005年3月2006年3月2007年3月2008年3月
国内212478912636
米大陸2192926631,065
その他953767811,330
合計5271,1462,3563,031
http://www.nintendo.co.jp/ir/library/historical_data/pdf/consolidated_sales1309.pdf

値下げ効果・ソフト充実で2年目の2011年度(2012年3月期)は3DSが上回ったが、米欧でNDSがブレイクした4年目の勢いには到達していない。
しかし日本でピークを越えた後に海外で上昇している経緯もあることから、今後の3DSの変化にも期待したい。
ライバルPSVitaが死地から這い上がっている内に差を広げられるか。

右スライドパッド付きの新型を出してくれ!


ニンテンドー3DS LL ブルーXブラック (SPR-S-BKAA)
任天堂
プラットフォーム: Nintendo 3DS
2012-10-11
amazon  

ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]