忍者ブログ


イギリスに本拠を置く調査会社 IHS Markitが2016年の家庭用ゲーム市場実績と17年を予測。

以下概要

2016年に下落も17年に再び増加

・2016年のCS市場は前年から2.5%減の347億ドル
・減少の理由はPS4/XB1の販売減少/価格改定によるもの
・ハードウェアへの支出は15年の128億ドルから105億ドルに減少

・ソフト(パッケージ+デジタル)への支出は216億ドルと15年から5.6%の増加
・PS4が普及し、定額購買支出額(PS+など)は15年から14%増の28億ドルに

・2017年の市場予測は回復、4.1%増の362億ドルと見込む
・回復の理由にニンテンドースイッチの発売と各社デジタル販売の伸びの見込み


ソニーの勢いが持続

・ソニーのシェアは全体の57%(197億ドル)を占め、17年も継続の見込み
・ソニーのデジタルコンソールビジネスの積極性から200億ドルを超えると予測

・スイッチとスコーピオの発売で追随する2社も'15→'16の減少から回復の見込み

 


PS4が支配

・XboxOneの2倍の規模を持つPS4が市場を支配
・2016年末時点でPS4は5,300万台、XboxOneは2,760万台の普及
・PS4の売上高は178億ドルで全体の51%を占め、次ぐXB1は91億ドル(全体の26%)のシェア、3DSは26億ドル(8%)で3番手に

 


デジタルビジネスで遅れる任天堂はスイッチで向上

・16年にデジタル販売全体の5%(3.97億ドル)だった任天堂はスイッチの発売で18年に再び増加に転じると予想
・対照的にソニーとMSは大幅に増加し、ソニーは17年には50億ドルを突破する見込み




https://technology.ihs.com/590493/sony-dominates-2016-console-market-with-57-share-of-world-market-value



再び玉座に戻ったPS。
ソニーハード好調は日本のユーザーにとっては国産タイトルの活性化にも寄与していると考えられます。

また国内では体感しにくい携帯機の縮小も顕著。
やはりVita後継機は難しいのか…。
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
任天堂とソニーで4倍近い差もあるのか
これから任天堂はアカウント向けに大規模な投資が必要になるだろうし
大変だな
NONAME| | 2017/03/18(Sat)20:23:14| 編集
無題
SIEにロケーションベースエンタテインメント事業準備室が
設けられたことについては触れないんですかね?
VitaがNGPとして発表された頃のコンセプトに全く同じ文言があります
https://www.famitsu.com/news/201101/27039784.html

開発部部長はVitaの開発責任者の松本吉生氏
後継機かどうかはわからないけど
何らかの動きがあるのは確かなようです
NONAME| | 2017/03/18(Sat)21:23:17| 編集
Re:無題
>SIEにロケーションベースエンタテインメント事業準備室が
>設けられたことについては触れないんですかね?

僕もその異動で!!となったんですが、
位置情報の事業準備はポケモンGO成功の影響が強いと思っております。
これをもって即ち携帯ゲーム機の後継とはまだ言えないかなと。
【2017/03/19 07:41】
無題
ちょこちょこ特許が公開されたりしてるから何かしら開発してる可能性はあるのかもしれない

出すなら簡易PSVRになるとかPS4との結び付きが強くないと難しいと思うけど
NONAME| | 2017/03/20(Mon)03:06:43| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]