忍者ブログ

ヤフーにも掲載された産経の記事



日本製ゲームのガラパゴス化 DS大ヒットの皮肉な落とし穴

 任天堂が昭和58年に「ファミリーコンピュータ」を発売以降、「ゲームといえば日本」が世界の常識だった。だが、近年はゲーム機の高性能化による開発費高騰に日本のソフト会社がついて行けず、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の次世代ゲーム機「プレイステーション(PS)4」は国内発売を延期する事態に陥った。だが、日本メーカーは携帯電話向けのソーシャルゲームに注力する状況が続いており、日本メーカーの“ガラパゴス化”が深刻な状況となっている。

中略

 実は、ゲームの開発費は平成18年に現行のPS3が発売後、一気に高騰した。ハイビジョン(HD)画質対応になり、ゲームの品質が視覚表現などの点で大きく向上した反面、従来1本当たり5千万~1億円程度だった開発費が10億円を超えることも珍しくなくなった。結果、相当数のヒットを出さなければ開発費の回収が難しくなり、メーカーは安定した売り上げが見込めるシリーズ作に注力。新規作品がより売れなくなる悪循環に陥った。

 この状況下で、メーカーの「駆け込み寺」となったのが任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」だ。DSは頭脳ゲーム「脳トレ」で、これまでゲームに無縁だった層の取り込みに成功していた。DS向けなら1本5千万円程度の開発費ですむため、国内メーカーは相次ぎDS用のソフトを発売した。しかし、これが落とし穴だった。携帯型ゲーム機があまり売れず、据え置き型市場でPS3とMSの現行機「Xbox360」が激しくしのぎを削っていた欧米では、各メーカーが苦しみながらも技術を磨き、開発力を高めていた。

 専門家は「DSが予想以上にヒットしたことが、日本メーカーの開発力を停滞させてしまった。皮肉なことだ」と分析する。そしてDSブーム終了後、日本メーカーの多くは携帯電話向けのソーシャルゲームにシフト。結果、技術力の差はさらに開き、欧米メーカーが売り上げ1千万本級のヒットを連発する一方、日本発のヒットタイトルは激減した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131111-00000505-san-bus_all



DSだけに責任を押し付けるのは早計な気もいたしますが、現行世代は国産ゲームにとって様々な面で不幸な世代だったかもしれません。

開発が安易なDSに多くを求め過ぎたソフト開発会社、HD開発環境を早期に充実できなかったPS3、リアルな疑似体験を求める欧米のユーザーと比べシンプルでデフォルメされたキャラを好む日本ユーザーの嗜好の違いによる高解像度タイトルへの理解など多くの問題が浮き彫りになりました。

キャラクターの顔だけ白人で中身は従来の和ゲーが量産され、競争力を失っていくシーンも何度見たことでしょうか。

ハリウッド的な大作が闊歩する海外で国産ゲームがヒットする機会は減りましたが、可能性は残されているのでしょうか。


※記事のPS3は10億円超と指摘される開発費は大手の50万本以上の売り上げを見込むような大作の費用。中小規模のタイトルではここまで経費は掛かりません。
PS3/Vitaで発売の「ドラゴンズクラウン」は開発が「初の1億円超」と明言しています。


開発しやすく、インディーズタイトルの世界展開もサポートする次世代機の登場で変化に期待です。

Playstation 4 First Limited Pack (プレイステーション4専用ソフト KNACK ダウンロード用 プロダクトコード 同梱)
ソニー・コンピュータエンタテインメント
2014-02-22

amazon

ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
ソシャゲーもクオリティ重視になって
開発費が高くなってきてて
任天堂ハードでも開発費を安くしたの丸出しなゲームが売れなくなってるのは
危機感を覚えながらも、ある意味ざまあみろと思えますね。
NONAME| | 2013/11/11(Mon)11:58:22| 編集
無題
DSだけじゃないよ。
Wiiでもう一度PS2世代を繰り返したしね。

で、WiiUがヒットしていたら・・・
PS3世代ももう一度繰り返す事に・・・
 | | 2013/11/11(Mon)12:05:48| 編集
無題
DS一つに責任を負わせるのは如何なものかと
PS3がコケてWiiDSが売れたというダブルコンボが不幸の始まりだったのならわかりますが。
てか大手の一軍はそれこそHD機で作ってたでしょうに
色々言われるスクエニだってHDで出してます
とくめー| | 2013/11/11(Mon)12:11:38| 編集
無題
日本のユーザーはリアルなハイクオリティゲームが好きじゃないんだからしょうがないじゃん。大多数のライトユーザーを無視して開発力を上げるんだ!つって大作ばかり作ってもさ、それは少数派のヘビーユーザーと開発側のエゴだし、小さいサークルで内輪で湧き上がってるだけ。日本のゲーム人口が減るばかり。

日本のゲームは日本のゲームでライトゲームを作り続けばいいし、過去のそれらゲームが黒歴史という分析は的を得てないと思う。
ヘビーユーザーも自分とは縁のないソフトだと思う程度でいいし、嫌悪まで覚える必要はないでしょう。

市場は海外の方がデカいんだから余裕のある大手は開発力上げて大作を作ればいい。カプコンみたいに。
それをせずに現状を嘆くようなソフト会社がいるのならただの馬鹿だよ
NONAME| | 2013/11/11(Mon)12:30:55| 編集
無題
今回は普及台数に目がくらんでDSやwiiで散々なめにあった反省を生かして、サードも3DSやwiiUにソフトをあまり出さないのがいいね。

高性能ハードにソフト出して世界との力の差を一気に挽回して欲しい。
NONAME| | 2013/11/12(Tue)00:29:41| 編集
無題
海外ではDS,wiiが売れず、高性能機だけ売れてたから開発力が上がった、という話なら分かるが
現実は海外でもDS,wiiは大ヒットしてたろ。

同じ環境なのに開発力に差がついたのはDSとwiiのせいとか話がムチャクチャすぎる。

だいたい今世代でPS3、箱というHD機が日本市場にあったのに、出た国産ゲームの大半はギャルゲー、萌えゲー、キャラゲーじゃないか。
どんな高性能機出したってガラパゴス化は変わらないよ。ガラパゴス化は日本ゲームユーザーの嗜好の問題。
NONAME| | 2013/11/12(Tue)08:21:46| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]