忍者ブログ

円安効果で経常利益が飛躍

任天堂が平成26年度第2四半期決算短針を発表


http://www.nintendo.co.jp/ir/pdf/2014/141029.pdf


売上高:1,714億円(前年比-12.8%)
営業利益:△2億円(前年 233億円)
経常利益:222億円(前年 12億円
四半期期純利益:143億円

売上総利益は810億円(前年620億円)
営業外では円安で為替差益が155億円発生


【ハード/ソフト販売】

WiiU
ハード販売 112万台 (前年同期 46万台)
ソフト 940万本 (前年同期 630万本)

3DS
ハード販売 209万台 (前年同期 389万台)
ソフト 2,330万本 (前年同期 2,738万本)
 ※3DSのバージョン別販売は LLが151万台、2DSが42万台、ノーマルが16万台

9月のスマブラが好調な出足。世界で322万本出荷
トモコレは堅調に推移 127万本(累計312万本)
 

【地域別売上高】

日本:458億円 (前年同期 674億円)
米大陸:700億円 (前年同期 771億円)
欧州:490億円 (前年同期 464億円)
その他:66億円 (前年同期 57億円)


今後の展望はアミーボとポケモンオメガルビー・アルファサファイアで伸張の見込みとしている



また記者会見で社長が答えています。
岩田聡社長は「年末商戦に向けヒットソフトの販売を控えており、手応えを感じている」と話し、自身の体調について「業務に支障はない」とした。

http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXLASHD29H15_29102014000000


売上高が下がるも原価販管費を抑え円安による為替差益で向上。
売上原価率が急改善している(68.4⇒52.7%)のはソフトとWiiUの比率が向上したためだろうか。

WiiUが倍増しているが、3DSの退潮は避けられないか。

気になるところは子会社の株式売却で34.6億円の売却益が計上されている点と事業再編損なる特損が21.7億円計上していること。

ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
円相場が5円も動いたら
そりゃ為替差益が155億円発生するわな

事業再編損の21億は子会社売却に伴うものなのか
それとも欧州あたりの事務所畳んだ影響か
NONAME| | 2014/10/29(Wed)17:53:37| 編集
無題
結局営業損益2億円じゃん
NONAME| | 2014/10/29(Wed)17:55:45| 編集
無題
しかし日本の売上高の落ち方凄いなこれ
日本の売り上げは微減に保ってでも
やっぱり欧米重視で日本の依存度もうちょい下げる必要あるよ
NONAME| | 2014/10/29(Wed)17:57:22| 編集
無題
上半期のハード売上321万台って、ps4のQ2以下なんじゃないか

売上まだまだ下げどまらないし 年間売上高5000億円も行くかどうか…
NONAME| | 2014/10/29(Wed)18:43:22| 編集
無題
任天堂は3DSが世界で売れてるってイメージやね
NONAME| | 2014/10/30(Thu)10:44:55| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]