忍者ブログ


各社の決算で出荷台数が出そろったのでグラフを更新

■SCE/MS/任天堂のハード出荷台数推移 2010~2016年度
(単位:万台)
 

FY10 FY11 FY12 FY13 FY14 FY15 FY16
SCE据置 2,070 1,800 1,650 1,460 1,790 1,770 2,000
SCE携帯 800 680 700 410 330 - -
SCE計 2,870 2,480 2,350 1,870 2,120 1,770 2,000
任天堂携帯 2,113 1,863 1,630 1,237 875 679 727
任天堂据置 1,508 984 743 394 384 337 350
任天堂計 3,621 2,847 2,373 1,631 1,259 1,016 1,077
MS計 1,330 1,360 1,000 1,220 1,170 1,068 -
携帯機計 2,913 2,543 2,330 1,647 1,205 679 727
据置機計 4,908 4,144 3,393 3,074 3,344 3,175 -


SCE据置はPS2+PS3+PS4、15年度からPS4のみ
SCE携帯はPSP+Vita、15年度から非公開(15年は日本で実売107万台、VGチャートはざっと世界270万台と推測 16年は日本実売85万台でVGは推測200万台
MSは360+One(他社にあわせて4月-翌3月で集計)、15年度から非公開のため推測値
任天堂携帯はDS+3DS(GBA以前は期間内の出荷無し)
任天堂据置はWii+WiiU+Switch(GC以前は出荷無し)


出典
http://www.scei.co.jp/corporate/data/index.html
http://www.microsoft.com/investor/Default.aspx
http://www.nintendo.co.jp/ir/library/historical_data/index.html


SCEはPS4が好調で据置機がV字回復、一方携帯機は2010年度の4分の1程と大幅減少。噂の新型携帯機の投入はあるのか。

任天堂は減少が続いた台数の底を打った印象。Switchは据置機としているが発売タイミングや販売傾向は携帯機よりか。また3DSの寿命が近く代わりになる新型機の投入タイミングが問われる。

MSはXB1が失速、累計シェアはPS4のおよそ半数と見られる。半ば次世代的な位置のスコーピオ発売で英米での失地回復を目指す。


関連記事
日本国内 第7・8世代ゲームハード販売台数推移 (2004~2015)
任天堂・ソニー・MSの世界ゲームハード販売推移(2010~2014) 冷え込む携帯機、任天堂の失速止まず
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
SCEはしっかりとした投資を続けてきた成果が出た印象
NONAME| | 2017/05/04(Thu)11:02:20| 編集
無題
ソニーが2000万台ほどで、任天堂が1000万台ほどで
ハード売り上げで見たら2倍の差だけど
ソフト売り上げの差は更に大きなあたり
任天堂の場合はハード売り上げの減少よりも
ソフト売り上げとかネットワーク収入の少なさの方が
遥かに大きな問題なんだろうね
NONAME| | 2017/05/04(Thu)11:06:18| 編集
無題
17年度はこの地図が大きき書き換わる事になるな。
どんな結果が待っているのか、非常に楽しみだ
NONAME| | 2017/05/04(Thu)14:42:14| 編集
無題
MSも頑張ってくれよ
NONAME| | 2017/05/04(Thu)16:04:57| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]