忍者ブログ

サプライズは健康分野への進出

<短期策>

■WiiUの値下げはしない
収支のバランスを崩している今の任天堂が、単純に値下げで事態を打開するという選択肢はあり得ません。
■WiiUゲームパッドの魅力を引き出す
Wii U GamePadの存在意義を徹底的に高める、ということです。
Wii U GamePad があるからこそ実現できるソフトタイトルを提案することを、今年の最優先課題に置きたいと思っています。
■WiiUパッドのNFC利用について複数の提案
NFC機能を徹底活用していきます。具体的にNFC機能を活用する提案については、6月にロサンゼルスで開催されるE3でお目にかける予定です。
■WiiUゲームパッド起動の高速化
初夏に予定している本体更新で、Wii U GamePadで高速起動メニューを実現します。
■NDSのバーチャルコンソールを展開
ニンテンドーDSのバーチャルコンソールを実現するための技術的なハードルを解決する目処もつきました。
■マリオカート8は全世界で5月展開
発売を全世界で5月にすることに決定しました。ここで大きな盛り上がりをつくるべく、『マリオカート8』発売が単発のイベントにならないようにしたいと考えています。
■3DSには他ハードタイトル移植も含め今年・来年を収穫期に
家庭用ゲーム以外のプラットフォームで育ったタイトルをニンテンドー3DSに投入するご相談も多くいただくようになってきました。このように、すでにニン テンドー3DSは、家庭用ゲーム育ちのタイトルばかりではなく、他のプラットフォームで育ったタイトルに対しても、ビジネスの展開が十分可能な規模に到達 しています。
<中長期策>

■アカウント導入で顧客と連続性のあるつながり
お客様とのつながりは、今後NNIDで一元管理していくことで、このNNIDを通じたお客様とのつながりを、今後の任天堂プラットフォームと再定義していきます。
■スマートデバイスアプリの年内開発で顧客と積極的につながる
スマートデバイスで直接ビジネスを展開するアプローチではなく、スマートデバイスでお客様とのより強いつながりをつくることによって、自社プラットフォームのビジネスを拡大するアプローチを優先することにしたいと考えています。
■顧客によって販売価格を変える
例えば、年に1タイトルだけゲームソフトを楽しまれるお客様も、年に5タイトル、10タイトルとゲームソフトを楽しまれるお客様も、ソフト1タイトルの価 格は同じであることがこれまでは当たり前でしたが、もし、アカウント単位に、特定の条件を満たすお客様を対象に、ソフト価格を柔軟にすることができたら、 「遊べば遊ぶほどソフトが安く楽しめる」というようなことが実現可能になります。

中略

任天堂は、このような新しい売り方に中期的に取り組んでいきますが、早期にWii Uで実験的な取り組みをはじめたいと考えています。
■キャラクタービジネス展開
任天堂キャラクターを、ビデオゲーム・プラットフォーム以外の場でも、より多くの人の目に触れるようにしていくことを目指していきます。
<新規事業>

■テーマは健康
任天堂がこれからの10年で挑戦することは、「人々のQOLを楽しく向上させるプラットフォームビジネス」です。
もちろん、ビデオゲーム専用機のプラットフォームは、この定義に含まれるひとつですし、これからもしっかりと力を入れていくのですが、QOL向上による新規領域の最初のステップとして考えているのは、「健康」というテーマです。

中略

モバイルやウェアラブルではなく、ノン・ウェアラブル、すなわち「身につける必要がない」ということを特徴とする新たな領域で、ハード・ソフト一体型プラットフォームビジネスを実現したいと考えています。



中略

この事業は2015年4月から始まる、事業年度では2016年3月期に事業を開始する予定です。
上記引用:http://www.nintendo.co.jp/ir/library/events/140130/index.html


サプライズはウェアラブルを超えハードの存在しない健康に向けたサービスの展開。
WiiUの方針はまったく変わっていない。むしろ高速化やアカウント導入は発売前にやっておいて欲しかった内容だ。


ビデオゲームのライバル企業であるソニーは旧作のストリーミングサービスや実況動画配信、MSは表情や健康状態まで読み取るキネクトなど大きなサプライズを今年実用化している。
岩田社長は繰り返しブルーオーシャンの発言をしていたが、任天堂が新天地を切り開くサービスの発想や技術の面で遅れをとっている感は否めない。端的に言ってつまらない発表だった。


関連記事
任天堂、スマートデバイスに無料ミニゲーム提供で新規顧客誘導! 有料タイトル供給は無し
任天堂、「据え置き」「携帯」統合モデル構築へ 今夏にも両開発部門が新社屋で合流
エース安田氏、任天堂のスマホ進出については「長期的な収益確保につながらない」「収益機会の多様化が必要」
岩田社長続投! 緊急会見で「ビジネスの勢いを回復させるのが何よりの責務」
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
何の発表だったんだ本当に・・・
NONAME| | 2014/01/30(Thu)12:40:55| 編集
無題
まだブルーオーシャンとか言ってるんだ・・・
WiiとDSの後遺症で頭おかしくなってるだろ
NONAME| | 2014/01/30(Thu)12:57:10| 編集
無題
健康器具路線とか……
もうマジで任天堂終わったかも。
| | 2014/01/30(Thu)13:37:13| 編集
無題
あまりにも酷い内容に信者が顔面ブルーオーシャンになっとるがな
NONAME| | 2014/01/30(Thu)13:56:44| 編集
無題
複数購入で割引だけはいいな
あとはゲーマー切り捨てみたいなもんか
NONAME| | 2014/01/30(Thu)17:04:42| 編集
無題
俺は高く評価するね
内容は微妙だが
発表内容がスマホのゲーム事業に参入だったら
呆れてるところだった
NONAME| | 2014/01/30(Thu)21:26:14| 編集
無題
wiiuで10本くらいソフト作れるだけの金と人をつぎ込んでそうw
NONAME| | 2014/01/31(Fri)15:25:34| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]