忍者ブログ

施行は29日からまずは上海で開始!



中国 自由貿易試験区でゲーム機解禁

中国政府は、10年以上にわたって国内で禁止してきたゲーム機の販売を、経済の中心都市・上海に設置する自由貿易試験区の中で解禁すると発表し、日本のゲーム機メーカーにとっても、ビジネスチャンスとして注目されます。

中国政府は、規制緩和を通じて投資や貿易のてこ入れを図るため29日、上海に自由貿易試験区を設立する予定です。
中国政府が27日明らかにした自由貿易試験区の全体プランによりますと、試験区内では、外資系企業に対してゲーム機の生産と販売を許可するほか、文化当局の審査を通れば、中国の国内市場全体でも販売できるとしています。
中国は、青少年の成長に悪影響を与えるとして、2000年以降、中国国内でのゲーム機の輸入や販売を禁止しています。
ただ国内では違法に輸入したゲーム機が出回っていて、ゲーム人口は3億人に達するとも言われるだけに、今回、正規に販売を認めたことは、任天堂やソニーといった日本のゲーム機メーカーにとっても、ビジネスチャンスとして注目されます。
試験区内では、マイクロソフトが中国企業と合弁会社を作りゲーム機の開発や販売に当たる方針をすでに示していて、今後、中国市場でのゲーム機販売競争が激しくなることも予想されます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130928/k10014875991000.html


平行品・海賊版が跋扈する中国市場で高品質なソフト/ハードとサポートでしっかり普及できるのか注目されます。
任天堂は現地合弁企業iQue神遊科技で販売するなど現地企業と連携していて、ソニーもアジア向けにSCEJapanAsiaを2012年4月に再編しています。


中国限定カラーの3DSLL「マリオホワイト」
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
中国のF2Pゲームの市場規模考えたら
PS4が高スペック要求されるF2Pゲームの土台として
結構需要出てきそう、MSがF2Pに消極的だし
NONAME| | 2013/09/28(Sat)08:35:49| 編集
無題
確かに、4限定のF2Pを増やせば、元からSONY好きな中国人だしかなり需要が有るかもしれんな
| | 2013/09/28(Sat)10:00:36| 編集
無題
F2Pをやるために高い金出してハードを買うという人がそんなにいるかな?
NONAME| | 2013/09/28(Sat)15:29:15| 編集
無題
PC買ったり買いかえるより何倍も安い上に
最初から最適化されてるから、ハードルも低い
結構需要有るかと
| | 2013/09/28(Sat)17:03:35| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]