忍者ブログ

ゲーム分野は年間予測も上方修正

ソニーが平成26年度第1四半期決算短針を発表。

▲増収の要因はPS4、映画興行収益、為替。PC事業収束で該当分野が減収。
損益の要因にはゲームネットワークの改善が増益要因、モバイルの損益が大幅に悪化。
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140717015735.pdf


ゲーム分野は95.7%の増収(前年の為替レートで+85%)と好調、43億円の営業利益
(単位:億円)
 2013年度 Q1  2013年度 Q1
売上高 1,316 2,575
営業利益(損失) △164 43

・好調の要因はPS4販売+ネットワーク売上の増
・損益要因はPS3のソフト減収

5月見通し⇒7月見通し 
売上高 12,200億円⇒12,400億円
営業利益 200億円⇒250億円

・ハードウェアコストの削減が営利増の見通し要因


ハード/ソフトの実績/計画 (単位:万台 ソフト億円)
 2013年度Q1  2014年度Q1  2014年度計画
据置ハード 110 350  1,700
携帯ハード 60 75  350
ソフト売上 680 850  3,900

http://www.sony.co.jp/SonyInfo/IR/financial/fr/14q1_sonypre.pdf

PS3からPS4への世代交代が急速に進みPS4が次世代競争で好調とあって急激に売上高を伸ばす要因になっている。
PS4の影で話題になりにくいPSVitaも昨年よりは販売を伸ばしたか 携帯機も15万台増。

ソニー本体の業績概要にも影響するほどPS4がヒットしている。


ちなみに50億円の営利増がPS4によるものだけとして、生産を年間1200万台生産と仮定した場合、ざっと1台あたり約417円のコストダウンの計算。
数の効果が大きい。
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
ゲーム部門の売上高倍増も凄いけど
HE&S部門の改善が頑張ってるね
既にシェア握ってる4Kがワールドカップ需用で更に伸びたか
やっぱ高級路線に絞るの正解だよテレビ事業は
NONAME| | 2014/07/31(Thu)15:58:43| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]