忍者ブログ

米大手調査会社IDCのレポートによると昨年12月にPS3出荷がXBOXを上回った。

2012年12月の時点でXBOX360の出荷台数は7600万台、PS3の出荷台数は7700万台

Xbox 360の一年後を立ち上げ、ソニーのコンソールにもかかわらず、それは明らかにソニーの売上高は11月にわずかに上回る7000万戻っていたにも関わらず、マイクロソフトのコンソールを飛び越すために管理しているように見えます。

このマイルストーンは、伝えられるところによれば、Microsoftの昨年米国のブラックフライデー売上報告75万台販売にもかかわらず、プレイステーション3の全世界での出荷の数値は、現在IDCによると、Xbox 360の7600万台に比べ約7700万台で座っている。

PS3.MMGN.com

さらにIDCの報告書によるとWiiUの販売予測は2013年までに5000万台を超えるとしている。
他にもパッケージ販売は現在の3%程度になるとも予測。

モバイルやクラウドゲーミング、スマートテレビの台頭により、『コンソールの死』について語られていたが、それはナンセンスだ。
IDCの2012-2016年の予測よると世界のビデオゲームとエンターテインメントの中心にコンソールがその人生を持っていると述べられている。

"これらのプラットフォームはゲーム配信と収益化は、デジタル方向に移動していることと同時にゲーム以外の機能やサービスの増え続けるアレイをサポートする必要があるため、コンソールのエコシステムが流動的な状態にある"
とルイス·ウォード氏は語る。

"2011年と2012年は多くのコンソールゲームディスクの開発者やパブリッシャーのためにタフだった"とWard氏は付け加えた。 の "Wii Uで始まる第8世代のゲーム機の出現により、歴史的な規範が強く、ゲームディスクの売上高は2013年に出血を停止し、2014年に実質的に上昇することを意味している。"

とは言っても、IDCは、デジタル革命が影響を与えていることを否定するものではありません。 同社は、コンソールの支出は、デジタルチャンネルにシフトとして出荷されパッケージ化されたゲームディスクのボリュームは、2016年まで年間約3%の平均を断るだろうと予測している。

IDCは、任天堂がまだ年末、2016年までに50百万ドルのグローバルバンドルの出荷数に達して、Wii Uで "観客を見つける"と指摘した。

gamesindustry.biz

DL販売に変化する事で収益性が高まるということでしょうか。
珍しく家ゲー滅亡論者ではない専門家の発言ですが、流動的な環境で決して簡単に楽観できる未来でもなさそうな話。

1億台を超える最後のハードはWiiになってしまうのか、PS3や3DSが続くのか。
今後も任天堂・MS・SCEのビッグ3の争いに注目ですね。
 

ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]