忍者ブログ


TGS2018で任天堂が初めてとなる商談エリアとインディエリアで出展・出資。
その理由を日経新聞が解説。



「任天堂、東京ゲームショウに「初参加」 「スイッチ」仲間集めに奔走」
後に改題↓
「任天堂、東京ゲームショウ「初参加」 ソフト業者囲い込み」


・TGSに任天堂が初参加している
・メインの展示エリアではなくソニーが長年スポンサーを務めている新興ソフトエリアにスポンサーとして任天堂も参加
・ショウ参加はスイッチのソフト確保が目的
・任天堂はソフト審査も従来の独特の基準を緩めた
・商談ブースも初めて確保し、既存ソフトも翻訳作業を代行するなど支援を広げている

・他社ソフト不足から失速したWii,WiiUの教訓から方針転換
・eスポーツ連合への参加はなく喫緊の課題
・変わり始めた任天堂への業界の関心は高い


https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35610260R20C18A9000000/



元々が反初心会の集まりから始まった商談会が前身と言う事もあり参加していなかった任天堂。
以前より賛否があった独自の審査基準は時代と共に緩和されつつあるようです。

世界で1.4億本を売り上げた「マインクラフト」などを潮目に独立系の小規模タイトルにも注目が集まっていることも伺えます。


関連記事
なぜ任天堂はTGSに参加しないのか
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
囲い込みのやり方がなぁ
NONAME| | 2018/09/22(Sat)08:06:15| 編集
無題
飛ばし記事くさいな
Wii,WiiUの教訓って言ったってもうそんなの何年前って話だし
従来の独特の基準を緩めたって元々緩いほうじゃん
NONAME| | 2018/09/22(Sat)18:06:34| 編集
無題
>Wii,WiiUの教訓って言ったってもうそんなの何年前って話だし

いやいや、めちゃくちゃ最近でしょ
NONAME| | 2018/09/22(Sat)20:10:51| 編集
無題
タイトル変えた時点で何か記事の推敲足りてなさそうだしなぁ

理由もまったく掠っていないってわけじゃないんだろうけど
今年のタイミングで参加した根本的な理由ではなさそうなのが
TGS側の事情って視点も欠けとるみたいだし
NONAME| | 2018/09/23(Sun)09:14:58| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]