忍者ブログ


東洋経済で小島監督の『コナミを辞めた小島秀夫が語るゲームの未来』と題するロングインタビューが公開。
コナミとの関係や独立しソニーとの提携を選んだ理由、またクリエイターを取り巻く環境の変化などを語っています。


以下概要

--なぜ独立系で起業したか
・自分の好きなことをしたかったがインディーズにこだわったわけではない
・求められていることの実現が現在の形態を選択した理由
・AAAのハイエンドタイトルのための組織が今のコジプロ
・ゲームと映画の製作は似ていて、投資とリスク管理のバランスが肝心
・大作映画の商業主義で作家性が損なわれるケースもある


--ソニーと組んだわけ
・シンプルで横やりが入らない。作家性と商業の両立という意味でも望ましい関係
・PSの市場と僕の作家性との相性もよかった
・僕らのことを理解してくれることが最も大きい


--コナミとの関係
・最後まで作りたいものを作らせてくれたコナミには感謝している
・ただ今の若い人は全体の開発に関わることが難しくなってきていて、自分で作れなくなっている


--縦割りで生産性も上がるが
・ハリウッド映画でもそうだが外注利用で量産する部分もある
・ただ生産性にこだわればクリエイターが育たない弊害も出る
・僕が入社した頃は5人のチームで何でもやる経験ができた


技術革新とクリエイター
・ファミコンを遊んで映画のようなゲームの未来を想像したが、思ったより早く実現した
・ただ若い人には巨大になったゲーム業界は全体を俯瞰することが難しく可哀そうだ


--作品の権利は会社に帰属すべきか
・著作権は作者に帰属するべきだが、いまはリスクを負った組織が持っている
・これからはネット利用などで配信できる作者個人が権利を持つ時代になるかもしれない
・また2次創作についてもゲームのユーザー改変が容易になれば著作権は複雑になるだろう


http://toyokeizai.net/articles/-/184404



インタビュー後編が後日公開との事で新作「DEATH STRANDING」の話はほぼありません。
コナミには黎明期の良かった時期を振り返り感謝するオトナな対応をされています。

また「52歳で残りの時間が少ない」と自嘲しながらも、クリエイターの表現方法の広がりを見込むなど野心的な一面も覗かせています。

「AKIRA」(大友克洋 2019年の東京が舞台)より早いとする新作の発売が待ち遠しい。



僕が愛したMEME(ミーム)たち いま必要なのは、人にエネルギーを与える物語(ミーム) (ダ・ヴィンチブックス)
小島秀夫 (著)
2013-02-28

amazon



関連記事
小島秀夫氏インタビュー 「デスストランディングはすでにPS4で動かせる段階」「服装や髪型の変更可能」
小島秀夫監督が新作「デスストランディング」を語る 「今年から本格開発を開始」「数時間プレイすれば今までのゲームと違う事が分かる」
新生コジマプロダクションのスタジオ映像が公開
「デスストランディング」の開発エンジンはゲリラとのコラボ「出島エンジン」
小島秀夫氏の最新作「Death Stranding」新ティザー映像が公開、デルトロ監督自らも登場する奇妙な世界
コジプロ 小島氏/新川氏セッションまとめ 「新作の開発エンジンは決定」「発売は2019年よりも早い」「メタルギアサバイブは全然知らない」
ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
ソニーの海外スタジオの技術とかも使わせてもらえてるみたいだし
人材と技術には苦労してなさそうね
NONAME| | 2017/08/17(Thu)09:54:52| 編集
無題
自由にはできるが、海外の大手に入ってAAA級を手かげて欲しかった気もする、オファーは多くあったろうし
NONAME| | 2017/08/17(Thu)16:14:59| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]