忍者ブログ


任天堂のビデオゲーム業界での地位を確固たるものにした名機ファミリーコンピュータとスーパーファミコンを開発したことで知られる上村雅之氏(現 立命館大学 映像学部 客員教授
) が京都の城陽市歴史民俗資料館でゲームに関する講演。
伝説的なエピソードも明かされています。




297: 名無しさん痛みに耐えられない (アウアウ) :2018/08/26(日) 15:27:55
    テーマはテレビゲーム機はおもちゃなのか?

    fc本体は赤字販売。ソフト数本で利益。これが後の鬼ライセンス料に繋がった

    アタリの失敗があるから米の電子玩具人は任天のヒットが許せなかった

    組長からfcの定価を9500円にしろと言われたが無理だった。

    おもちゃの語源はお手持ち遊びから来てるので、コントローラーでは画面の中が触れないのがもどかしかった

    遊びを強要するのではなく遊び手の工夫を加えれる要素がおもちゃには必要

    質疑応答
    開発の苦労は?:
    何が受けるかわからなかった。当初の目標は野球ゲームを出したかった。

    シャープとの関係について:
    任天堂社内で評判が悪いのは世間で売れる。ゲームウォッチは売れるとは思わなかった。

    vrどう?:
    未知数。安全に遊べればおもちゃとして成り立つ。

    PSとはなぜ喧嘩別れしたの?:
    何で決裂したかは知らない。久多良木さんは本当にゲームが大好きな方でソニーでゲーム機を出したかったが上が許可出さなかった。
    sfcの音チップがソニーだったのが縁でPSの企画が立ち上がった。商業関係なく個人的には別れたのは残念だった。


https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/game/59554/1535022782/297



注:PS1は94年発売、Xboxは米で01年発売です。



SFCのフロントローディング案もあったがコストとの兼ね合いで結局採用されなかったとも。
ソニーとの決裂についての質問は具体的な言及は避けられています。


決裂に関しては任天堂内で営業部と開発に齟齬があり営業部主導で離れることになったとする証言も出ているようです。

https://twitter.com/unamuhiduki/status/1033605633935728641
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1807/20/news128.html

会場の様子
https://ssl.twitcasting.tv/iidakazutoshi/movie/488478143


ブログパーツ
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
いきなりソニー側に電話が来て契約キャンセルなんだから
そりゃ任天堂内でも知らない人はいるだろうね
組長あたりがその場でキャンセル決めててもおかしくない
NONAME| | 2018/08/27(Mon)07:55:09| 編集
ブログ内検索
カウンター
バーコード
人気記事
プロフィール
HN: とり
自己紹介:
トリコのフィギュアが今さらほしくなってきました…





おすすめ
忍者PR
PR
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   都々逸   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]